街乗りをも楽しめるハーレーとは?はい、その名の通り「ストリート」です。

澄みきった冬晴れの朝。
シャッターを開けガレージを覗く。
手になじんだ厚手の革グローブをはめながら、愛車ハーレーのシートに朝の挨拶を。
ハンドルバーに手をかけると、いつものどっしりとした手ごたえが両手に心地よい。
「さあ、出かけよう」
イグニッションを回し、鉄馬に命を吹き込む…

なんて素敵な朝なのでしょうか。

ハーレーで街を颯爽と駆け抜ける、世界で一番、私だけの通勤快速。

こんなことができるハーレーは…
ありました!
Harley-Davidsonのストリート(STREET)ファミリーです。

現行ハーレー唯一の水冷エンジンを搭載したXG750とXG750Aのなかでも、
今回は特に高性能版のXG750A 「ストリートロッド」をご紹介します。

1. 手軽さがウリのバイク、ハーレーの重量とは?

バイクはクルマに比べて『軽さ』という大きなメリットがあります。
軽ければ扱いやすく、当然燃費の向上にも貢献します。
軽いということはバイクやクルマにとって、とても良いことなのです。

では、一般的にバイクやクルマはどのくらいの重量なのでしょう。

一般的な普通自動車で1,500kg前後、軽自動車ですと約800kg程度。

一方、その「軽さ」がウリのバイクは、
国産1,000ccクラスのバイクで大体200~280kg。
ハーレーの中でもコンパクトと言われる「スポーツスター」で250~270kgです。
フラッグシップの大型モデル「ツーリング」に至っては370~420kgとなります。

「軽い」と言われるバイクでも、なんと200kgオーバー!バイクは思ったよりも重い乗り物なのです。
そのなかでもハーレーの重量、軽く300kgを超えるモデルがほとんど。
考えてもみてください、300kgといえばお米10kgが30袋分です。

2. ハーレーの「重さ」はメリットでもある

バイクにはタイヤが付いているので、転がし押すことは比較的容易ですが、そもそも300kgの重量物は、大人でさえも結構な負担です。

とはいえ、ハーレーの重さ(重量)にはメリットも。

バイクの重さは走行中の安定感につながります。
特に高速道路を得意とするハーレーにとって重さがもたらす安定感は素晴らしく、King Of Motorcycleと言い伝わる大きな特徴でもあります。

でも、いつも高速走行するわけではないですよね?
せっかくクルマより手軽なバイクですから、日ごろの『街乗り』に使えなければ宝の持ち腐れです。

ハーレーで通勤。
ハーレーでショッピング。
ハーレーでコンビニ…

これこそ素敵なハーレーライフだとは思いませんか?

3. ついにハーレーが水冷エンジンに手にした。

長い歴史をもつハーレーダビッドソンは、ブランドのこだわりとして「空冷エンジン」を搭載しつづけてきました。
そんな中、ハーレーダビッドソンがスーパーバイクレースに参戦を表明。
そして1994年に登場したのがVR1000というレースマシンです。

このVR1000に搭載されていたのが、ハーレー初のV型水冷エンジンだったのです。
その後、市販車にもフィードバックされ誕生したのがV-Rodファミリー。
V-Rodに搭載された水冷エンジンは『レボリューション』と名づけられました。

4. スポーツ+クルージング=XG750A

4-1 レースモデルの系譜を受け継ぐ「Revolution X」エンジン

XG750Aに搭載されているエンジンは『レボリューションX』。
そう、レースエンジンの流れを汲み完全新設計で生まれたのがレボリューションXエンジンです。


(画像元:Harley-Davidson

また、エンジンだけではなくXG750Aのデザインは他のハーレーとはずいぶん特徴的です。
アメリカンスタイルがほとんどのハーレーの中にありながら、ヨーロピアンスポーツバイクのような端正なルックス。
ワインディングロードをひらひらと駆け抜けるためのデザインなのです。

クルージングと同時にスポーツ走行を重視したモデル、それがXG750Aです。

4-2 軽さは正義

そしてそのスポーツ性能を支える大きなポイントのひとつとして『軽さ』を挙げることができます。

XG750Aの車両重量は、なんと238kg。

他のハーレーの最軽量モデル、ハーレーの中でも、コンパクトで取り回しが良いとされる「スポーツスター」よりも身軽です。

この「軽さ」には不思議な中毒性があります。ぜひ一度、XG750Aに跨り、引き起こしてみてください。きっとその軽さにビックリすることでしょう。
238kgという数字以上に軽く感じ、且つその手軽さはあなたの心をグッと掴みます。

軽いといろいろ便利です。
バイクを押して歩くのもラクラク、ガレージから出すのもラクラクです。
これがツーリングなどの重量級ファミリーであれば正直、ガレージから出すのも一苦労。
ちょっとそこまで、とは認めにくいほどのボリュームです。
その軽さと、ハーレー特有の低重心は、腕力に自信の無い方や女性の方にもとてもおススメです。

4-2 不人気車でもなければ入門用でもない。ストリートロッドの懐

ご存知の方もいらっしゃるでしょう、XG750Aは圧倒的人気モデルとは言えません。
旧くからの「空冷至上」「重量級主義」のハーレーファンにとってはむしろ「アンチ」とも叩かれてしまうモデル。そして、入門用・初心者用のように思われていることもまた、事実です。

気持ちや歴史を曲げることはできませんが、事実としてXG750Aはとても高性能なハーレーなのです。

ベースとなるXG750のレボリューションXエンジンをさらにパワーアップ。
フロントには倒立サスペンション、加えてリアサスペンションも強化。
フロントブレーキはダブルディスクに変更されています。
このように、XG750Aには走りに徹したチューニングが施されているのです。


(画像元:Harley-Davidson)

性能に関しては疑いの余地はありません。

その楽しさはハーレーそのものであり、ハーレーの名を冠するに相応しい魅力を備えています。イメージに捉われるなら、あなた自身が新たなイメージを作り上げましょう。
全ては「FREEDOM」です。

まとめ

ちょっとそこまでだって、ハーレーに乗りたい。憧れのハーレーにいつでも乗っていたい!
そんな夢を叶えてくれるバイク、それがXG750Aストリートロッドです。
巷のイメージでなかなか手を出せずに悩んでいるあなた。ストリートロッドこそ、知る人ぞ知る「名車」です。
Harley-Davidsonが挑戦したスーパーバイクレースへの心を受け継ぐSTREETファミリーは、きっとあなたのバイクライフを充実させてくれる素敵なパートナーになってくれるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA