仲間と季節を感じよう。ハーレーは最高の友達と時間を与えてくれる!

おじいちゃんの家は退屈だった。お父さんとお母さんは親孝行とリフレッシュ。新鮮な空気と虫の鳴き声も、気がつけば飽き飽き。

丸めた背中をポンとたたき、「ちょい出かけるか?」とおじいちゃんの一言。

被せられた大き目のヘルメットから見える、ありふれたはずの景色はまるで違って見えた。身体中に伝わる心地よい振動と、流れる景色はとても新鮮だった。

何に乗ったかはわからないが、その感動は大人になるまで忘れることはなかった。

ついに、その「ビート」と「ウインド」を手に入れるときがきた。憧れて手に入れた愛車Harley-Davidsonとともに、どこに行こうか。仲間と語らいながら絶景を体験したい。

あれ?仲間?誰と行けばいいんだろう。

ソロで楽しむツーリングは、ハーレーの「自由」を体現する方法のひとつです。そしてまた、仲間と「自由」を共有できることもハーレーの楽しみ方。

本項では、これからハーレーライフを楽しみたい紳士淑女に贈る、「ツーリング仲間の探し方」から、「ツーリングを楽しむために準備しておきたいこと」をご紹介します。


1. バイク仲間を探せるスポット

よく晴れた週末。すれ違うツーリングチームのその表情は、とても晴れやか。手を振ると笑顔で応えてくれる。ちょっとイカツめなルックスを裏切るその表情と立ち振る舞いは、まるで

「キミたちもコッチの世界を体感しようぜ!」と手招きしているかのよう。

仲間になりたい、一日も早くツーリングを楽しみたい。まずはバイク仲間を作りませんか?

ソロで楽しむバイクもよし、仲間と目的地を目指し走るのも、またよし。今回は、バイク仲間を増やすために行くべきスポットをご紹介。

1-1. ライダーが集う場所といえば、バイクショップ

ここでのバイクショップとは、Harley-Davidsonの正規販売代理店はもちろん、いわゆる専門のカスタムショップも含みます。その道のプロが集うバイカーの元に勇気を出して弟子入りしましょう。

きっと歓迎されます。ツーリングからカスタムまで、ハーレーライフを楽しむための情報が詰まっています。

そこで生まれる仲間達は、最旬のバイク仲間。そしてツーリングの先輩。明るいハーレーライフへの近道です。

また、H.O.G.をはじめとしたコミュニティやツーリングも企画されているショップもあります。情報収集を兼ねてショップに足を踏み入れてみましょう。

ハーレーのH.O.G.って一体なに??ハーレーダビッドソン公式オーナーズグループとは?

    

1-2. 教習所で出会う、ツーリング仲間候補生

同じ憧れと志(こころざし)を持つ場所が必ず集まる場所。免許取得に向けての不安は同じ。勇気を出して声を掛けてみませんか?行きたい場所、乗りたいマシン・・・時間を忘れて世界に入り込めるでしょう。ただ・・・話しすぎて教習を忘れないでくださいね!

H-Dパートナー教習所なら、ハーレーオーナーを目指す同志も多く、より会話も弾むのでは。

大型バイク免許がほしい!ハーレー教習車があるスクールの全国一覧

1-3. ライダーが集まるサービスエリア

旅の途中の一休み。バイカー達の休息に、少しだけお邪魔してみませんか。カスタムの参考や、ツーリングギアなど、学ぶ箇所はたくさん。バイカーの集まる寄り道サービスエリアも是非参考に。話し込みすぎにはご注意を・・・。全国のサービスエリア・パーキングエリアは約900箇所。その中でも「バイカーが立ち寄りたくなるサービスエリア」をご紹介。

東日本

・浜名湖SA(東名高速)

公園前に広がる浜名湖は圧巻。もうひとつの目的地としても選ばれる人気のSA。

 ・海ほたるPA(東京湾アクアライン)

 東京湾に浮かぶ人工島、木更津人工島に位置します。「海ほたる」と呼べば最初に連想される場所。昼は遠くに見える首都圏を360度望むことができ、行き交う大型船を 眺めながら語らいを。

 西日本

・宮島SA(山陽自動車道・下り線)

高台から見下ろす厳島(いつくしま)と宮島の大鳥居。そして瀬戸の島々を一望できるロケーションは、何度訪れても心を躍らせること間違いなし。

・壇ノ浦PA(山陽自動車道)

 いわずもがな本州最西端のパーキングエリア、九州とを結ぶ大動脈・関門橋を望むスポット。 巨大な人工物にロマンを感じられるのでは。人気ツーリングスポットが多い九州を目指すバイカーの休憩場所として人気です。

1-4. ツーリングスポット

バイク乗りが目指すツーリングスポットに行けば、そこにはバイカーが集まっています。そこでのバイカーの表情を確かめましょう。近い将来、あなたの顔から溢れるその笑顔と、きっと同じものになるでしょう。

  • 声を掛けると拡がる、繋がる。友達の輪。

はじめは誰でも勇気が必要です。「迷惑がられないかな?」「無視されたらどうしよう?」ここで小細工は必要ありません。大切なのはヤル気・勇気・元気です。

  • ヤル気は相手に伝わります。

バイクに乗りたい!ツーリングに参加したい!走りたい!その気持ちを表に出してください。

  • 勇気を出して声を掛けましょう。「はじめまして」からはじまります。

お互いに勇気を持って会話が始まります。 純粋さと誠実さを忘れずに。

元気があれば何でもできる。

元気があれば、必ず熱意が伝わります。 まずは相手とのキャッチボール。目を見て、話を聞く。

  • 「イイっすね」でグッと距離を近づけよう。

褒められて嫌な気持ちになる人なんてそんなに多くないハズです。

  愛車、持ち物、洋服、ヘルメット何かを褒めてみましょう。

  • たまには失敗だってあります

時間を自由に楽しみたい人だっています。

最初の一声で距離を置かれたら、無理せず距離を保ちましょう。

それは失敗ではなく、成功の素です。

  • Facebookで情報共有しよう

わかり合えたそのときは、Facebookで繋げてみましょう。まだ距離を感じているときは、「ハーレーマニュアル」を有効活用!

  同じページへの「いいね!」から友情を築き上げよう。

2. ツーリングを手助けするツールを準備しよう

仲間は出来た、目的地も決まった。いざ!ツーリング!と、その前に。高鳴る気持ちを一度落ち着かせましょう。ツーリングの準備、出来ていますか?

2-1.ウエア

仲間と楽しむバイクの旅。お互い助け合って目的地を目指しましょう。世界中のどこかで、バー&シールドロゴを背負って走る仲間がきっといます。まずはHarley-Davidson純正クローズを身にまとい、ハーレーワールドの仲間入りを。

ツーリングウェアを探す

2-2. 工具

旅に不安とトラブルはつきもの。小さなトラブルならその場でスッキリ解決したいものです。ちょっとだけ工具を忍ばせるだけ。きっとあなたの「お守り」になりますよ。

メンテナンス工具を探す

2-3. バッテリーテンダー

仲間とともに感じる風は代えの効かない体験。そして旅先での味は、想い出をさらに印象づけます。

さぁ、帰路に・・・バッテリーがピンチ!帰路が岐路になりました。ツーリング前には必ずバッテリーチャージをお忘れなく。 ハーレーのバッテリー充電といえば?「バッテリーテンダー」

ハーレー のバッテリー充電器と言えば?『バッテリーテンダー』

2-4. インカム

仲間とのツーリングの醍醐味は、感動と体験の共有ではないでしょうか。雄大な景色、謎の看板、寄り道の提案、給油・・・インカムがあれば信号待ちの大声も不要。スマートなツーリングをサポートします。

バイクインカムの二大メーカーB+COM(ビーコム)社とSENA(セナ)社のラインナップを紹介したこちらの記事を。

バイク乗りのインカム選び!ビーコム派?セナ派?それとも?

3. ツーリングは永遠に。次回ツーリングの計画を立てよう

最高のコンディションでツーリングは楽しめましたか?素敵な想い出がたくさん出来上がればなにより。でも、苦~い想い出だって。数年後に笑って語らえる、そんな仲間との絆を深める機会が出来ていればベストですね。起こったすべてのトラブルは、次回ツーリングへのビタミン。そして酒の肴。重ねたツーリングの数は、想い出の数です。いざ、自由の風を感じにゆこう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA