質感抜群、デグナーのiQOSケース

愛煙家ライダーの至福のひとときといえば、絶景を望むツーリングスポットでのタバコ。
体にとって有害とは知るもののやめられない時間、一服。
喫煙率も下がり、吐き出す煙やタバコの吸い殻の被害が少なくなったとはいえ、オトナな愛煙家の皆さん、マナーはしっかり守りましょう。

今回は、人気のデグナー(DEGNER)のアイテム、レザーiQOSケースをご紹介します。

1.iQOSは電子タバコのトップラランカー

ProomTech,gloなどに代表される電子タバコのトップランカー、iQOS(アイコス)の日本国内での電子タバコシェア率は約70%、圧倒的な認知度を誇っています。

iQOSは、手のひらサイズの電子デバイス(iQOSホルダー)で専用のたばこ製品(マールボロ ヒートスティック)を加熱して喫煙します。

2014年末より一部地域から展開が開始され、現在ではiQOSストアをはじめ、コンビニエンスストア等でも購入可能です。

画像元:iQOS(フィリップモリスジャパン)

2.簡単にセットできるからこそアイコスの魅力

アイコスの魅力は何と言っても手軽さ。
コンパクトなボディと簡単な操作が受け、発売後に爆発的にシェアを伸ばすことに成功しました。

ライダーのための正しいiQOSの使い方

1.本体(チャージャー)からスティック(ホルダー) を出します

2.ホルダーにたばこ(ヒートスティック) を挿します

3.ホルダーの電源ボタンを長押しします

4.最高の時間を楽しみます

5.使用後のスティックは吸い殻入れに捨てます

吐き出される煙には若干のクセがあります。
しかしそれらのほとんどは水蒸気のため、後に残りません。

都市部では「たばこNG, iQOS OK」の飲食店も増えています。

3.デグナーのiQOSケースが魅力的

ライダースエクイップメントの雄、デグナーの「レザーiQOSケース」が圧倒的に好評です。

本革の質感と電子デバイスが不思議とマッチ。

本体(チャージャー)と、たばこ(ヒートスティック)をコンパクトに纏めることができます。

ベルトループやフックにより簡単にウエアに取り付け可能。

4.まとめ

本革の質感がハーレーにベストマッチであるデグナーのiQOSケース、愛煙家の友として一年中活躍できます。
ただし、

喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります。

心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。

そして、

未成年者は決して吸ってはいけません。

さらに、

人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます。

とある通り、喫煙をおすすめするものではありません。

愛煙家のハーレーライダーには、程よい喫煙と最高のマナーを。

DEGNER 本革iQOSケース

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA