防寒対策OK!ハーレー乗りの冬用グローブ選びの答え

ハーレー乗りにとって、冬はつらい季節ですね。特に指先の冷えはレバー操作にも影響する重要な部分なのでできる限りの対策をして少しでも快適に過ごしたいものです。真冬の極寒でもハーレーに乗り続けるツワモノのあなたに少しでも暖まってもらえるようなグローブ選びをまとめてみました。

1.ウィンターグローブの種類

1-1.レザーグローブ

(画像元:Harley-Davidson Japan

素材にレザーを使用したウィンターグローブ。最新素材と比べるとやや重めですが、耐久性が高く長年愛用することができます。経年変化による風合いの変化も楽しみの一つです。最新の科学素材に比べると防寒、防風の機能面は劣りますが、スタイルとしては王道を行きます。

1-2.プロテクショングローブ


(画像元:KNOX

防寒性と防護性を兼ね備えたウィンターグローブです。冬のスポーツライディング、ロングツーリングを目的とするならこのタイプがおすすめです。デメリットは、防寒用の中綿とプロテクター装備がかさばることから、通常のグローブに比べ操作性が劣ることです。

1-3.ソフトグローブ

(画像元:Harley-Davidson Japan

最大のメリットは着け心地がとてもソフトで操作性が高いことです。レザー、プロテクションよりも比較的安価な商品が多くあります。

1-4.インナーグローブ


(画像元:GOLDWIN

他のタイプのグローブと組み合わせて使う補助的なタイプのグローブです。3シーズン用のグローブの内側、またはウィンターグローブの内側に着用することで真冬の極寒対応仕様にしできます。防風素材を使った、薄くて着け心地のよいものが人気です。

2.ウィンターグローブの選び方

基本的な選び方として、カッコイイことは大前提です。その他①あったかい、②風を通さない、③水を通さない、④操作しやすいことが条件になります。早速グローブを探してみましょう!

2-1. 防寒対策抜群!あったかいグローブ

シンサレート素材


(画像元:3M

3M社の高機能中綿素材で、「薄くて暖かい」ことが特徴です。吸水率が1%以下のため、水気や湿気の多いところでも断熱性が損なわれることが無く、濡れてもすぐ乾きます。

(画像元:3M

体からの熱を保持しながら、ムレの原因となる蒸気は逃すことができる仕組みです。


(画像元:DAYTONA)価格:4,200円

電熱グローブ


(画像元:KOMINE)価格:25,000円(税抜)
充電式電池で作動し、手を温めてくれます。一度手に入れたらもう手放せないアイテムになるでしょう。

インナーグローブ


(画像元:ROUGH&ROAD)価格:2,600円

ウィンターグローブだけでは耐えられない極寒時には、グローブの下にさらに1枚インナーグローブを装着することで寒さを凌ぎましょう。薄手なので操作性の低下を防ぎながら防寒性能アップです。GOREウィンドストッパー素材を採用した防風性の高いインナーグローブで裾部分がロングなので、裾からの風の侵入も許しません。

グリップヒーター


(画像元:KIJIMA)価格:19,000円

グローブ紹介からは外れてしまいますが、操作性やルックスを重視したい場合には、やはりグリップヒーターの取り付けをオススメします。

2-2. 風をシャットアウト!防風グローブ

ガンレットグローブ ロングタイプ

(画像元:POWWOW TRADING POST)価格:16,800円

ジャケットの裾口をしっかり覆ってくれるため、冷たい空気の侵入を防ぎます。ショートタイプに比べると着用に不便さを感じるかもしれませんが、袖口からの風がなくなるだけで体力を温存できます。

ハンドルカバー


(画像元:KOMINE)価格:2,900円

見た目を最優先させたい方には敬遠されるかもしれません。都内のバイク便ライダーの装着率の高さをを見ても、「どうしても風をシャットアウトさせたい!」というライダーの需要はあるでしょう。ハンドルカバーによって風をシャットアウトすることで高い保温性を確保することができます。比較的安価で、装着も手軽にできます。我慢できないほど寒い日の秘密兵器としてオススメです。

2-3.水をシャットアウト!防水グローブ

Gore-Tex(ゴアテックス)


(画像元:GORE-TEX

表からの水は通さず、中からの湿気は放出する素材で、バイクに限らずアウトドアウェアやスポーツウェアメーカーにもたくさん採用されてます。

優れた防水透湿性と防風性が定評の高機能素材です。初期耐水圧45,000mm以上、透湿性13,500g/cm2・24h(B-2法)をクリアした素材です。

耐水性の基準は以下の通りです。

20,000 mm — 嵐
10,000 mm — 大雨
2,000 mm — 中雨
300 mm — 小雨●傘の耐水圧:250mm程度●体重75kgの人が濡れた場所に座った時の圧力、約2,000mm
●濡れた場所へ膝まずいている時の圧力、約11,000mm
(引用:BRIDGESTONE

(画像元:GOLDWIN)価格:17,000円

ネオプレン

 
ネオプレンの実演をするウォーレス・カロザース
(画像元:Wikipedia

アメリカのデュポン社が開発した素材です。

ウェットスーツに使用され、防水効果はもちろん、伸縮、防風、保温においても高い性能を発揮します。素材が厚いため操作性に影響することも考えられます。


(画像元:DAYTONA)価格:3,600円

アウトドアのアイテムを駆使すると、選択肢が広がってきます。

(画像元:mont・bell)価格:2,762円

こちらもネオプレン素材でできています。グローブの上から着用して使用することもできます。ハンドルカバーほど大きくないため、万が一のアイテムとして持ち運びにも適しています。

2-4. 操作性の高いウィンターグローブ


(画像元:NAPA GLOBE)価格:11,800円

NAPA GLOBEはカリフォルニア州で120年以上の歴史を誇る老舗ワーキンググローブのメーカーです。ナパ社の鹿革グローブはしなやかさ、機能性などの理由から多くのハーレー乗りに指示されています。中綿には3M社のシンサレートが採用されており、一般的な中綿と比較して同じ厚さでも約2倍の保温機能があり、鹿側の柔らかさと併せて操作性も抜群です。

3. ハーレー乗りにはやっぱコレ!最強ウィンターグローブとは?

POWWOWのガントレットやNAPAGLOBEはルックスも良く、袖口から風を防ぎ、柔らかく、操作性も十分にあると言えるでしょう。「これに防水、さらに電熱が加われば完璧なのに…」そんな声に応えたかのようなグローブがあります。


(画像元:RSタイチ)価格:19,000円

ゴートスキンを使用し、落ち着いたデザインのこれならハーレーの風格を崩すことなく真冬でも快適なライディングが楽しめるでしょう。

ドライマスターの防水・透湿機能も備えているのでウィンターグローブそのものとしても充分な性能を発揮してくれます。

手首のコントローラーで3段階のヒートレベルを選べます。電源は充電池から、そして車両バッテリーの両パターンで対応可能です。

冬のツーリングはここに気をつけろ!ウィンターライドのコツ

まとめ

「寒いから走りたくなる」そんなグローブは見つかりましたか?「冬眠」という方も多いかもしれませんが、寒いときにしか味わえないツーリングの楽しみというのもありますよね。

なにより寒さをものともせずハーレーで駆る姿は「カッコいい!」です。防寒性、防水性、操作性、安全性を十分に考慮し、あなたのハーレーライフにあわせた最適なウィンターグローブをチョイスしてください。

季節別!初心者ライダーのためのツーリング注意報〜冬の巻〜

 


あわせて読みたい


これがオレのスタイル、ハーレー乗りのヘルメット選び

ハーレー乗りの正しいブーツの選び方

ハーレー乗りがこだわりたいデニムの世界

Bucoのヘルメット、知られざる歴史

女性ライダーのヘアスタイル術

ハーレー女子の可愛いヘルメットの選び方

ハーレーのレディース・レザージャケット

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA