ハーレー旋回は簡単!ライディング練習と上達のコツ

『教えて!ハーレー仙人』のコーナーに寄せられた質問にお答えします。ハーレー仙人からの答えをパーフェクトハーレースタッフがお届けします!

質問:「渋滞の時のちょっと走って止まったり、のろのろ運転が苦手です。渋滞が若干怖くなってきてます。どうしたら克服できますか?」

ゆっくり走ると途端にバランスが崩れることがありますよね。これはどうしてなのでしょうか?ゆっくり走ってもリラックスして安定した走行をするにはちょっとしたコツがあります。実は、旋回の練習にその克服の糸口があるので紹介しましょう。

1. のろのろ運転でもバイクを安定させるには?一本橋を思い出そう!

渋滞などスロースピードで走行するとき。バランスを崩しそうになったり、フラついては何度も足をついたり、ストレスを感じたことがあるライダーは多いはずです。実はこれ、車両の大小というよりもバランスの取り方の方が大きく影響しています。

そもそも二輪は不安定な乗り物です。それでも走り出せば安定する理由として『ジャイロ効果』があります。回転する車輪は自立する性質があり、走行中はこの現象おかげで本来不安定な二輪であっても安定した走行が可能になっています。

ただしゆっくり走ることにより、ジャイロ効果が弱まり不安定な二輪の要素に近づいていきます。ましてや。自分よりも重量のある鉄の塊を操作するわけですから、力づくではどうして限界があります。

これを制御する方法として、もっとも有効なのが『リアブレーキ』です。

二輪の免許を取得するさいに、一本橋の試験があったとおもいます。あの細く限られた道幅を時間をかけてゆっくりわたるには、リアブレーキを駆使して前進する力を制御することで制覇できます。

 

2. バイクでの走行を不安定にさせる原因とは?

そもそも不安定な二輪車

ゆっくり走ったときには、ジャイロ効果が弱まりバランスをとる必要があります。もともと不安定な性質の二輪なのでこれはいたしかたありません。重要なのはバランスをとり安定走行を可能にする方法です。

 

リアブレーキでコントールする

スロースピードでの走行時にフロントブレーキだけで制御しようとすると重心が移動がするためバランスを崩しやすい状態となります。

車体を安定させる答えは『リアブレーキ』にあります。前に進もうとする力を、リアブレーキで引っ張り釣り合いをとらせる、というイメージすれば少しわかりやすいかもしれません。そうすることにより、バランスが取りやすくなり車体を安定させることができます。

 

顔を向けた方向にバイクは進む

渋滞時に限らず、できるだけ遠くへ目線をおくだけでも安定します。コーナーはもちろん、直進している時も遠くに視線をおくことで視野がひろがり多くの情報を把握できるようにもなります。例えば、前の車に目をやるのではなく、そのもう一台先の車のテールランプが点灯したときにブレーキをかけておけばいち早く追突を回避できます。

スロースピードでも目線や視点のブレが走行を不安定にさせることもあります。

 

ハンドルが切れた状態での操作は不安定

また、ハンドルを切った状態でクラッチをつなぎアクセルを回すと車体はまっすぐ進もうとします。このためハンドルを取られることがあります。

またハンドルを切った状態でフロントブレーキをかけることで簡単にバランスが崩れてしまい転倒につながります。例えば、Uターンなどの旋回時に「あ、周りきれいない!」とふいにフロントブレーキをきつくかけてしまいがちです。これをすると決まってバイクをこかしてしまいます。

転倒してしまうのが怖くて、ついつい肩肘に力が入ったり、目線が近くに行きすぎることでぎこちない運転になりがちです。

 

3. バイク ライディング上達のコツ!旋回練習の仕方

『リアブレーキ』でスピードコントロールし、顔の向きで舵をとれるようにするには走行のたびに意識すること、そしてなにより集中的に練習することで短時間でコツを掴むことができます。

なかでも、旋回練習はライディング上達に必要なエッセンスが凝縮されています。ハーレーで旋回することは実は難しくありません。

ハーレー旋回のコツ①:リアブレーキとクラッチワークだけ

ハンドルを切った状態でアクセルを回すと、車体はまっすぐ進もうとするためハンドルをとられてしまいます。また、ハンドルを切った状態でフロントブレーキをかけると、車体のバランスが崩れ場合によっては転倒につながります。

クラッチ操作で前進しあとはリアブレーキでコントロールするだけでもずいぶんと安定します。

 

ハーレー旋回のコツ②:行きたい方向に顔を向ける

行きたい方向に顔を向けることで、自然とバイクも同じ方向を向くようになります。コーナーにおいても、曲がりきれないと感じてもコーナーの先に顔を向けることでコーナーの修羅場を抜け出せることがあります。

 

ハーレー旋回のコツ③:リアブレーキにかけた力と同じだけミッションペダルにも

右足でブレーキペダルを踏む力と同等に、左足のミッションペダルにも同じ程度の力で踏んでみてください。左右にかかる力が均衡し安定しやすくなります。この時、ブレーキペダルとミッションペダルを同じ高さにしておけば操作が楽になります。

 

旋回練習のコツ:最初は大きく、だんだん小さく

まずは余裕をもって、旋回をしてみてください。最初から怖い思いをする必要はありません。大きな輪を描きながら少しずつ旋回の輪を小さくしていきます。ただし、やりすぎると目が回ることもあります。そうなる前に逆周りの練習をするか、休憩を挟むようにしましょう。

 

4. ハーレー旋回の極意を動画で詳しく!

 

 

まとめ

ライディング上達のコツは、体の使い方の違いによる車両の動き方を体感することです。自分でコツを掴むまで練習をすることもひとつですが、何よりも早く効率的に上達にするにはその道の達人に聞くのがもっとも早いでしょう。

その意味ではライディングレッスンに参加することは有意義だと言えます。練習とはいえ、大事なバイクをこかして傷をいれたくはないでしょう。そうした場合にはエンジンガードなど転倒によるキズからバイクを守ってくれるアイテムを準備しておくとよいでしょう。

あなたがバイクを乗りこなせるようになるのは、極めて近い未来です。ちょっとしたコツを習得してもっともバイクに乗りたくなることが私たちの本望です。一緒に楽しいバイクライフを送りましょう!


あわせて読みたい


ハーレーのリアサスペンションが短すぎて腰に衝撃が!?どうすればいいでしょうか?

キャブ車のアイドリングはどのくらいが安定しますか?

マフラーを交換したら、エアクリーナーも変えるべきですか?

高年式ハーレーでもスプリンガーフォークにカスタムできますか?

私もいつかハーレーをカッコよく乗りこなせるでしょうか?

日本国内でハーレーダビッドソンのテーマレストランやカフェはありますか?

フロントホイールを21インチに変えたいです、メーター修正はどうすれば?

オススメのハーレーマフラーを知りたいです

 

この際、どこまでもいこうじゃねぇか。バイクっていいよな。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA