ハーレーツーリング、旅の準備マニュアル【実走編】

あと何回ツーリングができるか、数えたことがありますか?一つひとつのツーリングを大切にしたいものです。あなたのツーリングが一生の思い出となる、伝説のツーリングになりますように…!

 

1. 事故らないセーフティー・ツーリングの極意

 

1-1. 高速道路の走り方

あなたはツーリングに高速道路を使いますか?高速道路は移動がラクで時間も短縮できることから遠出をするときにはよく利用されます。高速走行は快適が故に走りが単調になるので注意力が散漫してしまいがちです。

ハイスピードによる走行風を受けるだけじゃなく急な横風にも気を張りながら少しずつ体力が奪われやがて眠気が訪れることもあります。

そうなる前に、適度に休みを取りましょう。私たちハーレー乗りは鉄馬に乗っている間は『自由』な身ですから世間のペースに合わせることなく走りたいように走り休みたくなったら休みます。

あえて追い越させる余裕もハーレーにはありますし逆にトルクフルに加速することも楽しめます。メリハリのある走行で移りゆく景色を堪能し鼓動を感じるハーレーツーリングは嗜みの真骨頂でもあります。

それでも眠気や疲労を感じた時には乗車中でもできる簡単なエクササイズを行いましょう。

  • 肩や腕を軽く回したり
  • 膝や足首を伸ばしたり
  • 深呼吸を取り入れると

体に酸素が巡りリフレッシュされます。そうは言っても、やはり体を休めることが重要です。楽しそうなサービスエリアを見つけたら迷わず立ち寄ることです。

 

 

1-2. 休憩時間にするべきこと

さぁ、楽しげなエリアに到着しました。ソフトクリームを食べたりご当地グルメを楽しんだり体の充電を終えたら何をしますか?

そう、『バイクのコンディション・チェック』です。

◽︎オイル漏れはありませんか?
◽︎タイヤに釘はささっていませんか?
◽︎積んだ荷物は固定されていますか?

休憩ではついつい気が緩んでしまってトップケースやサイドバックが開きっぱなしで走行に戻ってしまうことさえあります。

あなたの相棒にも「大丈夫か?」と一声かけてあげることであなたと愛車の信頼はさらに深まりどこまでも走ることが可能になります。

 

1-3. 遅くなっても、たった一本の電話を忘れずに

ツーリングの帰り道に美しく沈みゆく夕陽。

「最高のツーリングだったぜ。」

と余韻に浸っていると間も無く夜が訪れます。

「あれ、まだ折り返したばかりなのに!?やべ、母ちゃんに怒られる!」

少しでも早く帰りたいと誰もが焦るでしょう。そんなときこそきちんと休憩して、疲労を回復させるように心がけるのが本物のライダーです。

家族や恋人、友人を待たせても休憩は取るべきです。夜間走行は、一層危険が増しますし、ツーリングの疲れも重なり体力や判断力も低下しがちです。

さらに、あなた以外の他のドライバーも同じ状況なのでますますリスクが高い状態とも言えます。事故を未然に防ぐためにも暗くなってしまったときこそ、急ぐ気持ちを抑えて休むことが大切です。

待たせている人がいればたった一本の電話で構いません。心配させないこともマナーの一つです。無事に帰宅しましょう。

 

1-4. 道に迷わないコツ、教えます!

特に女性の声で多いのが「道に迷ったらどうしよう…?」しかも暗い山道で一人ぼっちになると想像しただけでも怖くてひとりでツーリングなんてできない!となるのも無理はないでしょう。

でもよく考えると舗装された国道や県道といった主要道路を走りますし、今ではバイク用ナビやスマホのナビ機能も利用できますから、それほど心配しなくても大丈夫です。

それでも、心配なあなたに道に迷わないコツを伝授します。

 

①止まって確認すればいい、高速道路を降りたら「どっちに行く?」

高速を降りたら右の方面行くはずなのに、「あれ!?左に行けって書いてある!」そんな経験はないですか?グルリと回るインターチェンジの構造から方向感覚が狂ってしまうと起きる現象です。わからなくなったら安全な場所で一度停まっても構いません。再度確認して、案内標識に従ってみましょう。

 

②曲がるポイントの景色を焼き付ける方法

交差点で曲がった時には、意識的に通過した場所の景色を確認おきましょう。道に迷う理由の一つに『間違いに気づかない』ことが挙げられます。曲がったポイントの目印を逆方向からも見ておくことも大切です。曲がったらミラーでも確認しておきましょう。

 

③案内標識は当たり前にチェックする

国道や県道を走る通常のツーリングなら、道路番号表示や案内標識が必ずあります。集落など地域の名称もポイントになります。走りながら「〇〇通過!」「〇〇突入!」と声を出すことで記憶にも止まりやすくなります。

信号機の下や電柱、学校や役所など大きな施設など、わかりやすい場所を目印にするのがコツです。道のプロ、『タクシードライバー』は信号機の名前で道を判断しているそうです。

 

2. 伝説のツーリングにするためには?

インターネットで欲しい情報が簡単に手に入るようになりました。ツーリングの下調べにもきっと活用していると思います。ところが、実際に現地に行ってみると、予想もしていなかったことに出くわすこともあります。この予想外のストーリーこそ一生忘れられない思い出になりますし、人に話をするときも自慢ではなく、楽しいお話、つまりエンターテイメントにもなりえます。

どうすればそんな伝説のツーリングになるのでしょうか?とても簡単です。旅先で『地元の人たちと話をする』 ことです。

たとえば・・・

①おみやげ屋さんで

特産物を扱う店には、地元の口コミ情報が集まっています。お土産探しのついでに笑顔の素敵なお店の人に声をかけてみましょう。地元のマル秘スポットなど、楽しそうな情報をこっそり教えてくれるはずです。

 

②給油のついでに

給油で立ち寄ったガソリンスタンドで、近くに何か面白そうなものはないか聞いてみましょう。地元の人しか知らない穴場スポットを教えてくれるかもしれません。

 

③ライダー同士で

現地でたまたま出会ったライダーに気軽に声をかけてみましょう。「今日はどこからですか?」「これからどちらに行くんですか?」お互いの情報を交換したりいい仲間が増えるチャンスです。

 

④宿泊先で

宿泊する場合でも一声かけるのがコツです。「今日は〇〇に行ってきたのですがその他オススメの場所はありますか?」地元の情報以外にも過去の旅人情報も必ず持ち合わせているものです。

ぜひあなたから積極的に声をかけてみてください。伝説のツーリングストーリーが次から次へと切り開かれてゆくでしょう。

 

3. コレクターにオススメ!走った記録を残せるツーリングアイテム

旅先でのお土産選びもツーリングの楽しみのひとつ。せっかくなら何か記念に残るものを持ち帰ってみてはいかがでしょう。ステッカーやキーホルダーなど、ご当地グッズを集めるのも楽しいですしまた、全国制覇を目指して、地図にマーキングしていくだけでも次の旅への期待感が高まるでしょう。そんなコレクター気質のあなたに、オススメしたいツーリングアイテムがあります。

『道の駅手帳』

(画像元:道の駅公式ホームページ

道の駅に、スタンプが置いてあるのを知っていますか?道の駅主催でスタンプラリーもやっています。専用の手帳もあり完走した人には証明書の発行やプレゼントを用意してくれている地域もあります。

そして、もう一つ持っておきたい手帳があります。

 

『御朱印帳』


(画像元:ご朱印びと

神社やお寺では参拝の証としてその神社特有の印鑑とサインをしてくれます。交通安全を祈願しながら旅の記録として残すこともできます。ただしスタンプラリーとは異なり神聖な神社やお寺でのマナーには注意が必要です。

参拝せずに御朱印だけいただいたりノートやペーパーナプキンに御朱印を要望したりなどマナー違反が目立つケースもあるそうです。ハーレー乗りに限ってはそのようなマナー違反はないと思います。

 

 

 4. いつかやってみたいキャンプツーリング

ツーリングライダーの中でひそかなブームになっているのがキャンプツーリングです。自然に囲まれたキャンプ場で、愛車を側に置き、焚き火を眺めながら静かなひとときを過ごし、夜は満点の星の下で眠る。

キャンプツーリングは、非日常を体験できる貴重な機会です。ビギナーとしてはどれだけの荷物が必要なのか心配な点もあるかと思いますので、ベーシックなアイテムをまとめてみました。

 キャンプツーリング基本アイテム

・テント
・シュラフ
・シュラフの下に敷くマット
・ランタン

これらをリアシートに積みます。ややキャンピングスキルが必要になるため、やや上級者向けのツーリングとなります。慣れないうちはベテランライダーと共にキャンプをして道具を借りたり、キャンプ場のレンタル品を活用するのもありです。コーヒーを焙煎から楽しんだりクッキング用品を揃えてアウトドア料理にチャレンジすればさらに楽しみが広がります。

 

まとめ

愛車のハーレーでのツーリング。天気も含め、ツーリングには予期せぬ事が待ち受けていることもあります。楽しく思い出に残る旅にするためにも安全なツーリングを心がけてください。ツーリングの本当の目的地は常に次のツーリングにあります。いつまでも、良い旅を!


あわせて読みたい


ハーレーツーリング、旅の準備マニュアル【出発前】

今すぐできる!ハーレーフロントフォーク3つの点検リスト

やりすぎということは無い!ハーレーの盗難防止策

知ってさえいれば怖くない!ハーレー警告灯の意味と原因まとめ

ハーレーのクラッチレバーをちょっとの気遣いでぐっと快適に!

ハーレー乗りのための、バッテリー上がり克服講座

 

俺は、御朱印帳に旅の記憶を収めるようにしている。神々の系譜を知り、その土地のルーツを知る。よそ者が土足で土地を荒らすわけにはいかねぇ。住民に対する礼節、敬意、感謝を忘れずにな。すべてのライダーが尊敬に値する存在であるために。

– ハーレー仙人 –

もし気に入ってくれたら、下のボタンを押してくれ。うちの仲間が喜ぶからな。いつも読んでくれてありがとよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA