季節別!初心者ライダーのためのツーリング注意報〜冬の巻〜

冬のツーリングは何と言っても『寒さ』をどうしのぐかが重要です。一方で忘れてはならないのが、気温低下による路面の凍結をも読みながら走るため、難易度は他の季節とくらべ高くなります。

それでも走りたくて仕方がない!?初心者ライダーや初心をわすれかけたライダーに冬のツーリングを楽しむための、防寒アイテムや防寒アイデアをお届けします!


1. 冬ツーリングを快適にする防寒対策!4つのマストアイテムとは?

冬のツーリングでは、まず装備から準備を整えていく必要があります。ましてや冬を体験したことがないライダーには、想像を絶する寒さに直面することもあるでしょう。

寒さは若さや根性で乗り切れるほど甘くはないでしょう。

服装はインナーから防寒対策をかためてゆき、走行時には天候や路面の変化にも意識を向ける必要があります。

 

1-1. 冬のツーリング用インナー選び

とにかく暖かいものを選びましょう。身近なウェアで言えばユニクロのヒートテックが便利です。

 

ユニクロ ヒートテック

(画像元:UNIQLO

  • 品名:ヒートテック タートルネックT
  • 品番:400222
  • 価格:990円(税別)

 

発熱、保湿、ストレッチ機能の他、ドライ機能で汗冷えを防いでくれます。ツーリング用だけでなく普段使いもできるアイテムです。

(画像元:UNIQLO

  • 品名:ヒートテック タイツ(ヘザー)
  • 品番:400233
  • 価格:990円(税別)

 

ゴールドウィン GOLDWIN 冬用インナー

(画像元:GOLDWIN

  • 品名:光電子スーパーヘビーウエイトハイネック(メンズ)
  • 品番:GSM24756
  • 価格:7,200円(税別)

超厚手のインナーで、自然な暖かさを持続させるインナーです。ライディングウェア専門だけあり、研究に対する熱意に定評のあるゴールドウィンからのインナーは安心感があります。

(画像元:GOLDWIN

  • 品名:光電子ハイブリッドアンダーパンツ(メンズ)
  • 品番:GSM14356
  • 価格:8,500円(税別)

自然なあたたかさが持続する保温素材を使用し、風を受ける前面には防風素材を用いることで防風性が高められたアンダーパンツです。超厚手に作られたアンダーパンツの膝裏、腰部等には薄手の素材にすることで着用感にもこだわったアイテムは、ゴールドウィンらしいライダー目線の商品と言えます。

 

10秒で発熱するヒーテック インナージャケット&インナーパンツ

(画像元:Heatech

  • 品名:ヒートインナージャケット
  • 価格:32,000円(税別)

(画像元:Heatech

赤くなった、首、胸、腕、腹部が電気の力により瞬時に温まります。三段階での温度設定が可能な仕組みになっているため体感温度により調節できます。

バイクの車載12Vバッテリーにつなぐため、走行中の電池切れを心配は必要ありません。手洗いでの洗濯もできるため、清潔に保つこともできます。

(画像元:Heatech

  • 品名:ヒートインナーパンツ
  • 価格:25,000円(税別)
走行時に、特に冷える膝や太ももを温める仕様になっています。機能はもちろん、ファッション性崩さないよう細身のデニムの中に穿いてもゴワつかない薄い設計で、動きやすいのが特徴です。
当然、ライディング中のヒザを曲げる動作も自然におこなえるように立体裁断になっています。裾にはストラップがあるため、デニムなどアウターパンツを履くときにはズリ上がる心配はいりません。

 

1-2. 首回りの冷気は禁物!バイク用のおすすめネックウォーマー

首からの冷気がインナーに入り込めば、どれだけよいインナーを身につけたとしても寒さをしのぐことはできません。首からの冷気が遮断されるだけでも体力は温存されやすくなります。

冬の走行にネックウォーマーは必須です。

 

コミネ ネックウォーマー

(画像元:KOMINE

  • 品名:プリマロフト ネックウォーマー
  • 品番:09-079
  • 価格:2,000円(税別)

保温性に優れるプリマロフト素材を中綿に使用しています。分厚い作りでありながら柔らかく、首回りの冷気をシャットアウトしてくれます。うれしいことに、後部内側にはカイロを入れるポケットがあり保温性をアップさせることができます。

 

RSタイチ ネックォーマー

(画像元:RSタイチ

  • 品名:RSX150 WINDSTOP FLEECE NECK WARMER
  • 価格:3,200円(税別)

3層構造になっていて、真ん中の層には防風フィルムを素材をはさみ込むことで冷気が遮断される仕組みになっています。中央には呼吸用のベンチホールを採用されているため、ネックウォーマーでありがちな呼吸についても対策がされているのが嬉しいポイントです。

 

1-3. 冬のツーリング用グローブ選び

外気が4℃の中、時速100キロで走行した場合の体感温度はマイナス4℃とも言われています。走行すれば風をうけるため、その分体が感じる寒さは増すことになります。

グローブも冬用を準備しておく必要があります。ただし、分厚いものを選んでしまうとクラッチやブレーキ、アクセル操作などすべての操作が鈍くなる可能性もあります。

試着をし、フィットするものを選ぶようにしましょう。操作性を重視する場合には、ハンドルカバーを強くおすすめしたいところでもあります。

ハンドルカバー


(画像元:KOMINE)価格:2,900円

 

防寒対策OK!ハーレー乗りの冬用グローブ選びの答え

 

1-4. ベテランはやっている!冬のツーリング防寒対策としての膝プロテクター

(画像元:KOMINE

  • 品名:SK-462 ハードニープロテクター <膝>
  • 品番:04-462
  • 価格:3,500円(税別)

膝はとくに風を受けやすく、冷えを感じやすい場所でもあります。膝のプロテクターを装着することでかなりの防風対策となります。ベテランライダーほどおすすめする防寒テクニックの一つです。

その意味では、胸のプロテクターも防風対策としておすすめできます。

 

2. 冬の路面を読めるライダーになろう!真冬の道路での注意点

冬場のツーリングで気をつけたいのは路面凍結による転倒です。外気温がマイナス近くになってくれば、当然路面凍結のリスクは高まります。

とくに、川の上を横切る橋の上、川沿いの山道などには注意が必要です。路面がキラキラ光り始めていれば凍っていると判断してよいでしょう。

その他、マンホールやループ橋などの道路のつなぎ目に使用される金属部の上もスリップしやすいためできるだけ避けるようにして走行しましょう。

 

2-1. 冬はバイクの調子が悪くなる?

冬場にバイクを走らせる時には、始動時にプラグがかぶりやすくなったり、始動性が悪いと感じることがあります。またバッテリーも弱くなる傾向にあります。

路面が凍結しているだけでなく、タイヤも硬化するためさらに滑りやすい環境下とも言えます。冬場の走行が上級となるのはバイクや体調のコンディションのほか、天候や路面状況をも判断していく能力が求められるから、とも言えるでしょう。

 

3. それでも冬のツーリングに行きたい!コスパ重視の防寒対策とは?

ライディングウェアは決して安くはありません。しかも揃えるにはアイテム数も少なくはありません。ジャケットやグローブも冬用が必要な上に、電熱線入りのインナーやグローブを一度に揃えることになればますます高額予算となってしまいます。

防寒のポイントは、

  • インナーが暖かく

  • 外からの風の侵入を防ぎ

  • 風で冷えるポイントを分厚くする

ことです。インナーはユニクロのヒートテック、その上から全身にカイロを貼り付けることで安くほかほかインナーを作ることができます。

冬用グローブを着用したところで、長く走っていると時期に指先は冷たくなってきます。

その点、ハンドルカバーはオールシーズンのグローブで操作でき、かつ風をブロックしてれるため安上がりに対策ができます。

膝や胸のプロテクターも比較的安く手に入れることもできます。性能が伴うのがベストですが、防風機能重視であればある程度のもので効き目のある対策となります。

最終的には薄くて動きやすいヒーテックのようなアイテムがほしいところですが、走行に差し障りない程度に衣服を分厚くするのも一つの手段です。

 

ライダー用の膝上まであるソックス

(画像元:RSタイチ

  • 品名:RSI209 TAICHI BOOTS SOCKS (LONG)
  • 価格:2,800円(税別)

 

それでも体が冷える場合は、足湯スポットをツーリングルートに設定しましょう。日本は道だけでなく、温泉にも恵まれている本当にすばらしい国です。

ツーリングで立ち寄りたい足湯20選:東京・埼玉・千葉・神奈川エリア

 

まとめ

冬のツーリングは、なにかと乗り越えるべきハードルは高まりますが、そのぶんもっとも楽しく思い出深いツーリングにもなります。

ゴールを定めて、想定される問題を事前に予測し、対策をうって出発します。冒険の要素がさらに深まり、そんなツーリングを仲間とすごせば一生そのツーリング体験を語らうことができます。

たとえバイクも免許もすべてうばわれたとしても、ツーリングの思い出だけは誰にも奪われることはありません。

どのツーリングにおいても快適で安全な、楽しい旅になるといいですね!


あわせて読みたい


季節別!初心者ライダーのためのツーリング注意報〜春の巻〜

オートバイ神社に行ってみたい![島根県浜田市]

石原軍団と走る! Perfect-Harley バイクツーリング【山梨県】

Perfect-Harley バイクツーリング 関東エリア【千葉県房総半島 編】

ハーレー ブレーキペダルの位置を調整するには?

もうライディングで悩まない!ハーレーの正しい乗車姿勢の作り方

ハーレー でスマートUターン!今すぐやりたい7つの練習方法

ハーレー旋回は簡単!ライディング練習と上達のコツ

 

エンジンに帯びた熱で暖をれば、マシンや仲間との距離がまた一段と近くなるもんさ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA