ハーレーのタイヤ空気圧は何ヵ月に一度チェックすればいいですか?

あなたはどのくらいのペースでタイヤの空気圧をチェックしていますか?季節ごと?3か月に1回?走行毎?気にはなっていたけど、実はよく知らなかった空気圧チェックのタイミングについて、お答えします。

 


1. タイヤの空気圧は何ヵ月に一度チェックすればいいですか?

 

答え:『1か月に1回、なおかつ走行前にチェックするべし!』ただし、、、!?

ただし、あくまで目安に過ぎません。なぜなら、走り方やタイヤの種類、目的に応じて調整が必要だからです。タイヤの空気が抜ける仕組みを理解すれば、空気圧チェックのタイミングがより明確に見えてきます。

 

2. タイヤの空気が抜ける仕組みと適切なタイミングとは?

タイヤの役割は、バイクを走らせだけではなく、クッションの役割もあります。走行中は弾力性を持って、伸縮運動をしていています。つまりゴムの性質により、つぶれたり、つぶれた反動で戻ったりを繰り返してます。それにより、バルブ付近や、ホイールの淵から極わずかな量ですが漏れています。もっと言えば、重量のあるバイクは止まっているだけでも空気は抜けています。

 

2-1. 走り方によって変わる空気圧チェックのタイミング

 

タイヤが運動をすればするほど、空気が抜けることになります。ロングツーリングで走れば、当然あらゆる衝撃を受けて運動量も多くなっているのでその分空気が抜けているでしょう。この場合は、ツーリング後の次に走行を予定しているのであれば、その前にチェックしておくと安心です。

 

2-2. タイヤの種類によって変わる空気圧チェックのタイミング

チューブレスタイヤなのか、それともチューブタイヤなのか?タイヤの種類によっても空気圧チェックのタイミングはことはなります。なぜなら、それぞれ抜ける量が変わってくるからです。

チューブタイヤは、スポークホイールに装着されています。スポークホイールはキャストホイールに比べて伸縮の運動量が多いため、その分抜けやすくなっています。

キャストホイールなどチューブレスタイヤの空気圧チェックのタイミングが1か月に1回だとして、チューブタイヤは2、3週間に1回は確認をしておきたいものです。

 

2-3. 目的に応じて変わる空気圧チェックのタイミング

例えば、レースに出るということになればやはり車両に応じた適正量があります。レースは極端な例ですが、身近な例で言えば、二人で乗車を楽しむ、タンデムツーリングの場合には通常よりも多めに入れるようにします。

もしタンデムをするのであれば。タンデムツーリング前が空気圧チェックのタイミングになります。

 

3. タイヤの空気圧は何に影響しているのか?

タイヤの空気圧をマメにチェックするといいことがたくさんあります。タイヤの空気圧が影響するポイントを見ていきましょう。

 

3-1. 燃費

まず空気がぬけた状態をイメージしてください。空気が抜けたタイヤはつぶれたようになり路面への接地面積が大きくなっています。そのためしっかりグリップするとも言えます。が、しかし別の言い方をすれば、抵抗が大きくなっていると言えます。つまり前に進むもうとする力、とは逆のエネルギーが生じているのです。そのため必要以上にパワーを要し、その分燃料を多く使うことになるのです。「じゃ空気をパンパンに入れたら燃費が良くなる!?」と考えたくもなりますが、燃費が良くなったとしても走行パフォーマンスに大きな影響があります。クッションとして機能せず、ハンドルを取られたり、グリップが失われることで加速や、コーナリングが非常に不安定となります。適正量を入れるようにしてください。

 

3-2. ハンドリング

空気が抜けていると、接地面積が大きくなるためハンドルも重くなり低速時に思うようなハンドリングが取りづらくなります。思ったよりハンドルが切れなかったり、ハンドルを切った後に思うように戻せなかったり、ハンドリングに支障が生じる結果となります。

 

3-3, タイヤの磨耗

空気が抜けている場合、接地面積が広くなることで、燃費が悪くなる、ハンドリングに支障が出る、そしてタイヤの磨耗が激しくなります。「この間変えたばっかりだったのに、もう溝がない!?」ハーレーのタイヤ交換は決して安いものではありません。ブレークアウトなどのワイドタイヤになればなおさら高額となります。ハーレーはパワーがあるため、加速時にもついつい開けて走りたくなります。空気圧が低くなっていると知らぬ間に多く磨耗させる結果となりタイヤ交換の時期を早めることになります。

 

4. NGな空気圧チェックのタイミングとは?

熱を持った空気は膨張します。走行することでタイヤは路面と摩擦を起こし、結果としてタイヤ内の空気は膨張しています。走行後に空気圧をチェックすると「まだあるから大丈夫!」となりますが、適正値ではありません。タイヤの空気圧は、タイヤが冷えるている状態で測り、空気圧を調整することで、最高のパフォーマンスを得られるように考え抜かれています。

 

まとめ

タイヤの空気圧チェックのタイミングは、乗り方によっても変わってきます。1か月に1回のチェックはあくまで目安ですが、今日の知識を得たことで注意深くタイヤの状態を観察できるはずです。そうすることで、タイヤのパンクにもいち早く気がつくことができるでしょうし、路面情報の伝わり方の変化にも気づくはずです。「ん、グリップが…?」「ハンドリングが…?」この少しの変化に気がつき、こまめにメンテナンスをすることで『信頼』が生まれます。愛車に対しても、そして自分自身に対しても自信を持って走行できるので、ツーリングがより一層味が出てきて、思い出深いものになるでしょう。

タイヤの空気圧チェックをする方法については、こちらで詳しく動画付きで確認できます。合わせてチェックしてみてください。

ハーレーのタイヤ空気圧を正しく調整する方法


『パフェークトハーレー』では、あなたのハーレーに関する質問を受け付けています。知りたいこと、困っていたことなどあれば、ハーレー仙人訪ねてみてください。順番にお答えしていきます。

 


あわせて読みたい


ハーレーエンジンオイル量をチェックする方法

バッテリー上がり!?と思った時の対処術

ハーレーのタイヤ空気圧を正しく調整する方法

ハーレーのドライブベルトの点検と調節方法

今すぐできる!ハーレーフロントフォーク3つの点検リスト

やりすぎということは無い!ハーレーの盗難防止策

知ってさえいれば怖くない!ハーレー警告灯の意味と原因まとめ

ハーレーのクラッチレバーをちょっとの気遣いでぐっと快適に!

ハーレー乗りのための、バッテリー上がり克服講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA