アメリカ発、カッコ良すぎる旧車ハーレーイベントとは?

例えば、日々のストレス解消の場が週末のツーリングだったりますよね?

「よし、来週末のツーリングのためにこの一週間乗り切るぞ!」

そんな具合にストレスと向き合い仲間とバイクで集まれば何もかも忘れてひたすら走る。これが私たちのいわゆる日常の風景です。一方、アメリカ合衆国では・・・

伝統的なレースが現代に蘇りアメリカ全土からハーレー乗りが集結する行事があるといいます。

『RACE OF GENTLEMEN』

アメリカから、こんな映像が届きました。

なんだか、気になりませんか?一体、このイベントは何なのでしょうか!?

 

(画像元:THE RACE OF GENTLEMEN – GALLERY


1. THE RACE OF GENTLEMEN とは

アメリカ製のヴィンテージ・カー、
ヴィンテージ・バイクで行われるレースです。

1947年、ロサンゼルスから
東に約160キロ離れたところで

OILERS (オイラーズ)という
カークラブが編成されました。

フォードT型をドラッグレーサー使用に
改造してモハビ砂漠でレースに明け暮れていました。

が、しかしある日を境に
レースが行われることはありませんでした。

近年になって、

メル・ストルツ、そしてボビー・グリーン
の二人によってOILERS (オイラーズ)の再編がなされ

かつてのヴィンテージ・レースが
現代に蘇ることになりました。

2. 主催者からハーレー乗りへメッセージ

「ところで、レース・オブ・ジェントルマンって
どんなレースなんですか?」

ボビー:「ヴィンテージ・カーでビーチを走るレースだよ。
でも、もっといろんな要素があって
例えば、これは”タイムとラベル・イベント”でもあるんだ。

現代とは全く時代に、いるような感覚になれるんだよ。」

ルールは、とてもシンプルです。

車体、エンジン、ギヤも
その時代のもので、
かつ、アメリカ製であること。

メル:「ただ単純に、クルマだ、バイクだって
話じゃないんだ。

もっと広義に言えば
みんなで ”これカッコいいよね!”って言い合える
仲間意識そのものなんだ。」

アメリカのクラシックカーファンたちが
世代を超えて集まるこのイベントには

若い人も、老人も参加しています。

古い物で1910年代のクルマ、
新しくても1960年代のクルマの数々が
レースを繰り広げます。

メル:「ただレースってだけじゃなくて、
シーンであり、時代の舞台セットであり、
失われた時間が蘇る瞬間なんだ。

俺たちは、この時間を祝福し
自分たちの手でマシーンを作り上げたことを共に喜ぶんだ。」


3. レースへの参加資格

THE RACE OF GENTLEMEN の
競技車両スペックの条件について
エントリーする者はつぎの項目を満たす必要がある。
<クルマ>

【年式】
1948よりも古くて、アメリカ製のものオンリー。
【エンジン】
アメリカ製で1948年よりも古いもの。
ナックルヘッド、フラットヘッド、その他アメリカ製オーバーヘッドエンジン。
アフターマーケット商品はNG。
【キャブ】
当時のものであること。近代のものはNG。
【ミッション】
当時のものであること。近代のものはNG。
【燃料】
ガソリンのみ。
【足回り】
1953年よりも古いこと。
近年のミッション、ディスクブレーキ、オルタネーターなど禁止。
【その他】
ヘッドライト、ホワイトウォールタイヤ、フェンダーはつけないこと。
クルマはレース用ナンバーを着用すること。
ペイントも、時代設定にあわせること。
近代グラフィック、ビニールステッカー、エンブレムを装着しないこと。

【シフト】
当時のハンドシフト、フットシフトのみ。ジョッキーシフト、
【フォーク】
当時のフォーク、ハーレースプリンガー、
ガーダーフォーク、リーフスプリング使用すること。
ハーレーはタンクシフトのみ。
インド製あるいはその他アメリカ製バイクは、タンクシフトか
【フレーム】
ハーレーは、OEM リジッドを使用すること。
【ホーイル】
当時のものを使用すること。近代のものはNG。アルミ製もNG。
【ブレーキ】
当時のドラム式であること。ディスクブレーキ、近代ドラム式はNG。
【タイヤ】
当時のパドルタイヤ可。モトクロスタイヤNG。
パドルスタイルやトレッドタイヤは認めるが、ホワイトウォールタイヤはOK。
【塗装】
当時のペイント様式であればOK。近代のタンクグラフィックやエンブレムはNG。
シャイニー系や荒いペイントは当時ものであればOK。
【ナンプレ】
レースナンバーがはっきり見える、当時のものを使用。
モトクロス用の黄色いプラスチック製、ジップ式のものはNG。
ナンバープレートがない場合は、タンク両サイドへの記載を許可する。

(参照元:THE RACE OF GENTLEMEN – ENTRY

 

4. ギャラリー


(画像元:THE RACE OF GENTLEMEN – GALLERY

(画像元:THE RACE OF GENTLEMEN – GALLERY

(画像元:THE RACE OF GENTLEMEN – GALLERY

(画像元:THE RACE OF GENTLEMEN – GALLERY

(画像元:THE RACE OF GENTLEMEN – GALLERY

(画像元:THE RACE OF GENTLEMEN – GALLERY

 

まとめ

とことんクラシックにこだわったレース、

THE RAVE OF GENTLEMAN。

バイク、レース、そして仲間。

これがあれば人生ほとんど100点。

込み入った仕事も、複雑な人間関係も
このレースに出ればすべて吹き飛びます。

時代を超えて、
モータースポーツにひたすら燃える。

まるで夢のような
レースイベントです。

ハーレー乗りとしての遊び方、生き方を
学べる最高の場ではないでしょうか?

もっとこのレースを見たいハーレー乗りはこちら:


あわせて読みたい


ハーレーのバリバリ伝説、ドラッグレースの世界

これがオレのスタイル、ハーレー乗りのヘルメット選び

バイク以上にこだわりたい?ハーレー乗りに合う靴ってどんな靴?

ハーレー乗りがこだわりたいデニムの世界

ハーレー好きの友人へも5分で話せる! 「ハーレーダビッドソンの歴史」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA