美しい!ハーレータンクの種類

ハーレーのタンクは、エンジンを動かすために必要不可欠なガソリンの入れ物、という以上に、バイクのデザイン・フォルムを決定する重要なパーツです。ハーレーと言うバイクの”顔”として歴史を積み重ねてきました。そのタンクの種類について、わかりやすく解説します。

1. ハーレー現行純正タンクの種類

 

 ハーレー現行純正タンクは、サイズ別で以下の7種類です。

  • 7.9リットル(2.1gallon)
  • 12.5リットル(3.3gallon)
  • 13.1リットル(3.5gallon)
  • 17.0リットル(4.5gallon)
  • 17.8リットル(4.7gallon)
  • 18.9リットル(5gallon)
  • 22.7リットル(6gallon)

 

「スモールタンク」は容量が少なく小まめな給油が必要ですが、旧車っぽい『小型でスマート』な形状には根強い人気があります。大きくなるほど航続距離は伸びますが、スモールタンクとは逆に『ワイドで重量感のある』形状になっていきます。

 

  • ハーレーダビッドソン『7.9リットル』タンク

いわゆる「スモールタンク」。「スポーツスターはスモールタンクでないと」というファンが多いです。タンクとシートの間に隙間ができるのもファンには魅力です。

HARLEY-DAVIDSON FORTY-EIGHT(画像元:HARLEY DAVIDSON JAPAN

 

MEMO

スモールタンクの場合は、ガソリン携行缶を用意してガス欠を予防するのがオススメです。消防法でガソリンを携行する時は『金属製』の容器に入れることが義務付けられています。ペットボトルなどに入れるのは絶対にいけません。ガソリンはタンク内で揺れ動くことで静電気を発生させます。そのため金属製の容器を使うことで発生した静電気を逃す必要があります。火花の原因となる静電気を発生させないために、危険物保安技術協会認証のKHKマークが記された、消防法適合品を必ず使用してください。ガソリンは極めて危険度の高い液体です。危険物取扱の資格者による作業となりますので、一般的には自分で別容器に入れることは禁じられており、セルフのスタンドでも自分で入れることはできません。

(画像元:KIJIMA

  • メーカー:KIJIMA
  • 商品名:ガソリン携行ボルト・ホルダーセット 900cc
  • メーカー希望小売価格:11,000円+税

 

 

  • ハーレーダビッドソン『12.5リットル』タンク

IRON883(画像元:HARLEY DAVIDSON JAPAN

 

  • ハーレーダビッドソン『13.1リットル』タンク

HARLEY-DAVIDSON STREET 750(画像引用:HARLEY DAVIDSON JAPAN

 

  • ハーレーダビッドソン『17.0リットル』タンク

 スポーツスターモデルでは唯一、自然にニーグリップできるやや平べったい形状です。

SUPERLOW(画像元:HARLEY DAVIDSON JAPAN

 

  • ハーレーダビッドソン『17.8リットル』タンク

STREET BOB(画像元:HARLEY DAVIDSON JAPAN

 

  • ハーレーダビッドソン『18.9リットル』タンク

SOFTAIL DELUXE(画像元:HARLEY DAVIDSON JAPAN

 

  • ハーレーダビッドソン『22.7リットル』タンク

ULTRA LIMITED LOW(画像元:HARLEY DAVIDSON JAPAN

 

2.ハーレー廃番純正タンクの種類

 

  • ハーレーダビッドソン『8.5リットル(2.25gallon)』タンク

(画像元:revzilla

今なお人気が高いスモールタンクです。

 

  • ハーレーダビッドソン『6.6リットル(1.75gallon)』タンク

1948年から1966年の間に生産されたライトウェイトハーレー (125~175cc)に使用されていた通称「ハマータンク」。実は、「ハマー(Hummer)」自体は1955~1959年に生産された125㏄のモデルですが、現在はもっと広い範囲のライトウェイトハーレーにその名が誤用されています。

Unrestored Harley-Davidson Hummer(画像元:Wikipedia

 

 

MEMO

スポーツスター用タンクは、2003年式以前用と2004年式以降用で互換性がありません。2007年式以降はインジェクションシステムの収納スペースが必要で、2004年式から2006年式用のタンクをそのまま取り付けることはできませんので注意しましょう。

 

 

 

3.カスタム用 ハーレー社外タンクの種類

社外タンクは様々な形状のものがあり、発想が広がる利点がありますが、クオリティの信頼性は純正品に劣る場合があります。例えば、社外タンクでは次のようなことがあります。

 

  • タンク左右の形状が微妙に違う
  • 表面が凸凹している、つなぎ目が目立つ
  • ガソリン漏れする(自分で使用前に漏れの有無をチェックしてください、というメーカーもあります)
  • タンク内部の防錆コーティングをしていない

 

購入の際には商品説明をしっかり読み、気になる点はしっかり確認してから購入するのがおススメです。

 

 

3-1. ピーナツタンク

1964 HARLEY-DAVIDOSON XLCH Sportster(画像元:HowStuffWorks )

ピーナッツのような形状のタンクです。チョッパー用タンクとして一番人気。数多くのアフターパーツメーカーが販売を行っています。全体的に容量は少なめです。

(画像元:株式会社ネオファクトリー

  • メーカー:NEO FACTORY
  • 商品番号:011496
  • 商品名:ロートンネルピーナッツタンク カムキャップ
  • メーカー希望小売価格:15,200円(税込)

 

MEMO

ロートンネルとはタンク裏のトンネル(フレームにはめこむ溝)が浅いこと。フレームの上に乗るようなカタチになるので、タンクの位置は高めです。逆にハイトンネルはタンク裏のトンネル(フレームにはめこむ溝)が深いこと。レームに深くかぶさるので、タンクの位置は低めになります。中間のミディアムトンネルもあります。

 


3-2. エッグタンク

全体的に丸く卵に似た形状のタンク。ピーナッツ同様チョッパーの定番タンクで、「チョッパータンク」とも言われています。

(画像元:MOTOR ROCK

  • メーカー:MORTOR ROCK
  • 商品番号:OSC-SM001
  • 商品名:エッグタンク パーカライズ仕上げ
  • 販売価格:17,280円(税込)

1999 Harley Sportster 1200 Chopper(画像元:ChopCult

 

 

3-3. マスタングタンク

エッグタンクを伸ばしたような形状です。40年代から小型バイクを製造していて50年代になくなったメ-カ-「マスタング」に純正装備されていたタンクなのでこの名がついています。縦に長くピーナッツタンクやエッグタンクより容量が大きいです。

(画像元:部品屋K&W

  • メーカー:部品屋K&W
  • 商品番号:P60096
  • 商品名:マスタングタンク 3.3ガロン
  • 容量:12.5ℓ(3.3gallon)
  • 販売価格:18,715円(税込)

Harley-Davidson Softail Springer 1340  ” MUSTANG CHOPPER “(画像元:UNEXPECTED CUSTUM

 

 

3-4, スポーツスタータンク

ハーレー「スポーツスター」のタンクをそのまま流用したタンク。様々な容量のものがありますが、一番人気は純正で廃番になってしまった8.5ℓ(2.25gallon)前後のものでしょう。

(画像元:NEO FACTORY

  • メーカー:NEO FACTORY
  • 商品番号:000230
  • 商品名:2.25gal ハイトンネルスポーツスタータンク カムキャップ 82-95y
  • 容量:8.5ℓ(2.25gallon)
  • 販売価格:15,200円(税込)

 

3-5. ストレッチタンク

ゾウの鼻のような細長いタンクです。

(画像元:EASYRIDERS

  • メーカー:EASYRIDERS
  • 商品番号:3208  
  • 商品名:アルミストレッチタンク バフ無
  • 容量:約9ℓ(2.4gallon)
  • 販売価格:66,096円(税込)

2003 Harley Davidson Roadglide Anniversary Edition(画像元:ROARING TOYZ

 

 

3-6. コフィンタンク

「棺桶(コフィン)」をモチーフとしてデザインされた角ばった形状のタンク。大胆なデザインのチョッパーなどに使われます。

(画像元:株式会社リバーブ

  • メーカー:株式会社リバーブ
  • 商品番号:38-0172  
  • 商品名:2.2ガロン ロートンネル コフィンタンク
  • 容量:8.3ℓ(2.2gallon)
  • 販売価格:31,320円(税込)

Chopped 1200 Sportster(画像元:The Bikers Garage

 

まとめ

タンクは「バイクの顔」。ハーレー純正品にはこだわり抜かれたカッコ良さ、そして味わいがあります。一方で、カスタムビルダーの創造性を掻立てる重要なポイントとしてもっとも個性が出しやすいパーツでもあります。現在では多くのカスタムタンクをオンラインでも、各地のカスタムショーでも情報を入手できます。じっくり研究して、あなたのバイクをとびっきりな美人に仕上げてください。


あわせて読みたい


バイクユーザー車検の基礎知識:必要書類から費用まで

ハーレーのフロントフォークを傷から守るものはありませんか?

米国ハーレーカスタムビルダーの素顔:Chica

ハーレーリジッドフレームの魅力を徹底研究!

チョッパーカスタムのレイク角・トレール・オフセットを知りたい!

ハーレーを高さ8インチのZバーハンドルに交換したのですが車検は大丈夫でしょうか?

チョッパーの組み立て方- タイヤの基礎知識

チョッパーの組み立て方- ホイールの基礎知識

 

美しいと言う条件を、ハーレーは常に満たしている。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA