ハーレーのオイルレベル点検方法:Harley-Davidson Breakout 2017

オイルレベルのチェックをしていますか?工具不要で簡単にできるメンテナンスポイントです。オイル量が極端に減っている場合には、オイル漏れなど不具合が起きていることも考えられます。適切なオイル量を見るにはどうすればよいのでしょうか?今回はハーレー ブレイクアウトを例に、オイルレベルチェックの方法を解説します。動画も合わせてご覧ください!

1. ハーレーブレイクアウトのオイルレベルを確かめるには?

 

ステップ1: ハーレー ブレイクアウトのオイルタンク位置

オイルタンクの位置から確認しましょう。ブレイクアウトのオイルタンクは、車体上部のシート下にあります。

 

ステップ2: 1分間のアイドリングでオイルを循環させる

しばらく乗っていないとオイルが重力でゆっくり下に落ちていきます。適切なレベルを図るためには最低でも1分間ぐらいはエンジンをまわしてください。エンジンをまわすことでオイルが循環しオイルタンクに戻ってきます。これによりようやく適正なオイル量を測ることができます。

 

ステップ3. オイルレベルをチェックする

1分間ほどエンジンをまわしたところで、オイル量を見ていきましょう。ディップスティックのキャップが車体右側にあります。キャップを時計反対回しに回し、緩めて外してください。

オイルが垂れやすくなっているため、あらかじめウエスなど布を用意しておくとよいでしょう。まず一回目はディップスティックに付着したオイルをきれいに拭き取ってください。

オイルを拭き取ったら、キャップをねじ込みます。最後まで閉めて蓋の面が当たったら再度キャップを緩めて取り外してください。

 

ステップ4. 冷寒時にオイルゲージ真ん中に位置するのがベスト

映像の位置は適正な位置です。コールドレベルでゲージ真ん中の位置に来るのが理想です。ゲージ上部にフル ホット『FULL HOT』と書いてあります。しっかりエンジンオイルが温まってくるとオイルが膨張しゲージ上部まで来るようになりますので、冷寒時にゲージ上部まであると適正な位置になりません。

冷寒時のオイル量はゲージ真ん中に位置させるのをおすすめします。また、適正位置より下回っているとオイルの量が少ないので、その都度ゲージ真ん中に来るように調整してください。

オイルレベルが適正位置にあることが確認できたらキャップを戻します。この作業では工具をかけるところではないので、手できゅっと面がしっかり当たるように締めこんでください。

 

 

2. ハーレーのオイルレベルをチェックする方法を動画で詳しく!:Harley-Davidson Breakout 2017

 

まとめ

オイルはエンジンを正常に働かせる重要な役割があります。もしオイル量が極端に減っていればオイル漏れなどの不具合の可能性もあります。気づかないまま走行することでエンジンに大きなダメージを与え故障の原因となることもあります。定期的にオイル量を確認することで、オイルの汚れ具合も見ることができます。定期的に気にかけてあげるとマシンも喜びます。


あわせて読みたい


ハーレーデニムペイントを磨くときの注意点!

ハーレーを傷つけずに磨くケミカルはこれだ!:光沢編

ハーレーのトラブルコードを確認する方法

ハーレー時計の合わせ方を動画で詳しく!

ハーレーのバッテリーを安全に取り付ける方法:スポーツスターFORTY EIGHT編

ハーレーのバッテリー取り扱い注意点!

ハーレーのバッテリーを安全に取り外す方法:スポーツスターFORTY EIGHT編

ハーレーの正しい洗車方法と洗車の注意点を徹底解説

 

人類は移動と交流により進化してきた。長いこと馬に跨り移動を続け、発展を遂げた人類がバイクに魅了されるのは当然の話さ。この先もバイクがなくなることはまずありえねぇ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA