蘇るハーレーダビッドソン、フルスロットルレース

約100年前、ハーレーダビッドソンはレースに夢中になっていました。一秒でも速く走るためにすべての情熱を注いできた歴史がハーレーにはあります。

ドイツに当時の熱を再現しているバイカーグループがいます。自らヴィンテージハーレーを復刻させるだけでなく、レースまで再現しています。色鮮やかに甦ったハーレーのレース車両をご覧ください。

 


Modern Day Board Trackers

現代を疾走する、ボードトラッカーのレーサーたち

(記事元:Riding Vintage

1. 現代に蘇るヴィンテージのハーレーダビッドソン

ドイツにボードトラックレースを守ろうとする熱狂的なバイカー集団がいます。

このグループは2012年まで舗装した道路やコンクリートのトラックでこのレースをしてきました。

しかしこの年を締めくくる最後のレースではドイツのハノーバーにある自転車用ボードトラックが使用されました。もちろん木製のレーストラックです。

「なぜ自転車用のトラックで?」なんて疑問に思うかもしれません。実はとても自然なことなのです。

なぜなら、1910年代から20年代に盛んに行われたモータードロームと呼ばれるレースは、木製のレーストラックだったからです。

ハーレーオールドスクールの原点:1910年

2. ハーレーの歴史的ライバルマシンも登場!

現代に甦ったモータードロームのレーサーたちは、当時の最速マシーントップ3ブランドのバイクにまたがりぶっ飛ばしています。

ハーレーダビッドソン、インディアンモーターサイクル、エクセルシオールスーパーXが完全に復元されたかのようです。

  

3. ハーレーのブレーキが効かないって?だって付けてないから

当時の歴史再現に忠実なこのレーサーたちは、あくまで1920年代当時のままの装備にこだわります。

通常はリアブレーキとスロットルを制御する何らかの装置があるはずですが、モータードロームを走るレースバイクにそんな余計なものはありません。ブレーキはなし、フルスロットルで突撃あるのみです。

いやいや、このヴィンテージバイクを復刻するのに費やしたお金と時間があったのであれば、ブレーキの取り付けぐらいしてもよかったんじゃないかと思っているところです。

とは言え、取材で撮影した写真からは、当時の面影と迫力が十分伝わるんのではないでしょうか?バイクに複数のカメラを装備させて撮影した動画では、レースの迫力を目の当たりにすることができました。

現代ではこのボードトラックレースを目にすることはまずないでしょう。でもあなたさえその気になれ、来年またドイツでやっている可能性大です。

ハーレーの歴史を辿る旅に出かけてみませんか?




まとめ

驚くべきは、100年以上も前に、Vツインの形がすでに完成されていたことです。ハーレーのマシンの起源は、ミルウォーキーの小さな小屋です。今でこそウィリアム・ハーレーは天才だったと誰もが言えるでしょうが、当時のレース車両を眺めれば眺めるほど、現代のハーレーにもその面影を十分に感じることができます。このよさを継承し育ててきたハーレーダビッドソンの信念とも言えるでしょう。

積み重ねてきた歴史をこれほどまでに感じられるバイクは、もはや他にはないのではないでしょうか。その意味でもモーターサイクルの真髄を求めて旧車ハーレーにまたがるのは自然な行為といえるでしょう。


あわせて読みたい


ハーレーの魅力とレースの歴史:1910

ハーレーダビッドソンとピンナップガール

チョッパーバイク誕生の歴史 : 1945

ハーレーに似合うヘルメット、Bucoの知られざる歴史

チョッパースタイル伝説のビルダー、『パット・ケネディー』

え、Vツインじゃない!?シングルだったハーレーの歴史秘話

意外な事実!ハーレーの原チャリとは?

ハーレー乗りエルヴィス・プレスリー、トライクにハマる!?

憧れのハーレーツーリング街道「ルート66」

何台でも欲しくなる!?超リアルなハーレー模型

『峰不二子』のハーレーダビッドソン遍歴

ハーレー好きの友人へも5分で話せる! 「ハーレーダビッドソンの歴史」

ハーレーのバリバリ伝説、ドラッグレースの世界

アメリカ発、カッコ良すぎる旧車ハーレーイベントとは?

 

三つ子の魂100までってのは、本当だぜ。気がつけばVツインもまるでその通りじゃねぇか。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA