ハーレーライダースジャケット製作の裏舞台 – エピソード2

前回までのエピソード

『エピソード1』:最高傑作のレザージャケットを作り出すために


ハーレーダビッドソンのアパレルチームが徹底的にこだわっているのは

・スタイル
・フィット感
・機能性
・ルックス

この4つです。過去よりもカッコいいか?体のシルエットが美しく見えるようにするには?ハンドルを握った時の操作性は?ツーリング時に快適さを保つために必要な機能は?

制作チームはハーレーのガソリンタンクを持ち出してまでデザインにこだわります。今回は、とことんにまでバイカーに根ざした商品作りの秘密に迫ります。

 


ハーレーレザージャケットが快適な理由

 

まとめ

今モータースポーツ業界に対してある『嘆き』が囁かれています。それは「知らないヤツが作っている」。純粋なクルマ・バイク好きが製作の現場にいなくなったと言うのです。このハーレーのアパレル部門では、政策に携わる全員がライダーであることにも特筆する必要があるでしょう。ここに私たちハーレー乗りに対する敬意と愛着が感じられ、ジャケットを羽織った時のフィット感を生み出しています。

 


あわせて読みたい


ハーレーライダースジャケット製作の裏舞台- エピソード3

ハーレーライダースジャケット製作の裏舞台 – エピソード1

ハーレー乗りのウィンターグローブ選びの答え

これがオレのスタイル、ハーレー乗りのヘルメット選び

ハーレー乗りの正しいブーツの選び方

ハーレー乗りがこだわりたいデニムの世界


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA