ハーレーライダースジャケット製作の裏舞台 – エピソード1

ハーレーのバイク史はすでに100年を超えています。ハーレーのアパレルもまた100年以上の歴史があることも特筆しておかなければなりません。当時、ハーレー乗りはレースに燃えていました。

そして彼らの戦闘服は「HARLEY DAVIDSON」の文字が入ったジャージです。

レーサーにとっては走る士気、ライダーとしての誇りを高めてくれる必須アイテムでした。その時のDNAをいまだに引き継ぎハーレーのレザージャケットは作られています。ハーレージャケットはどんな場所で、どんな人が作っているのでしょうか?

今回はハーレーレザージャケットが生まれている場所をご紹介します。

(画像元:LeatherUp


最高傑作のレザージャケットを作り出すために

 

まとめ

ハーレーのジャケット作りは、伝統とライダーのユーザビリティー、そしてハーレーダビッドソンという乗り物と融合するように製作されています。機能やスタイルの向こうには、ハーレーが紡いできたすべての歴史が織り込まれています。

 


あわせて読みたい


ハーレーライダースジャケット製作の裏舞台- エピソード3

ハーレーライダースジャケット製作の裏舞台 – エピソード2

ハーレー乗りのウィンターグローブ選びの答え

これがオレのスタイル、ハーレー乗りのヘルメット選び

ハーレー乗りの正しいブーツの選び方

ハーレー乗りがこだわりたいデニムの世界

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA