バイクジャッキで失敗しないための練習方法

初めてのことには失敗はつきものです。失敗を重ねて上達していく、これが世の常です。しかし、初めてのバイクジャッキでハーレーが転倒しケガをしたりキズが残ってしまっては残念ではありませんか?

初めてバイクジャッキをかける方に、バイクジャッキに必要なある『コツ』を動画に収めてきました。


1. バイクジャッキをかける前の練習方法

バイクジャッキでバイクを持ち上げる時、バイクを水平にしてからジャッキをあげていきます。バイクから降りた状態で、水平にした時にバイクがバランスを保つ位置があります。

この位置とバランスを事前に掴んでおきましょう。

 

2. バイクジャッキをかける前の練習方法 その2

ジャッキは当然、地面においてあります。そのためバイクを水平に保ったら今度はしゃがんでレバーを操作する必要があります。

バイクのバランスを保ったまましゃがむ練習をしてみましょう。

しゃがんだ状態のまま、バイクのバランスが保たれるポイントを確認します。

3. バイクジャッキで失敗しない作業前の練習方法を動画で詳しく!

 

まとめ

ハーレーは重量があり、そして二輪である以上不安定でもあります。バランス感覚を養うことは、ライディング上達にも大いに役立ちます。ジャッキをあげる際には、ケガのないように十分に注意して作業を行ってください。

バイク ジャッキアップの位置と方法を動画で!


あわせて読みたい


ハーレーのトラブルコードを確認する方法

ハーレー時計の合わせ方を動画で詳しく!

ハーレーのバッテリーを安全に取り付ける方法:スポーツスターFORTY EIGHT編

ハーレーのバッテリー取り扱い注意点!

ハーレーのバッテリーを安全に取り外す方法:スポーツスターFORTY EIGHT編

ハーレーの正しい洗車方法と洗車の注意点を徹底解説

 

楽しいことだけ、やるんだぜ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA