ハーレー ブレイクアウトのジャッキアップの仕方:Harley-Davidson Breakout

ジャッキアップが必要になるシチュエーションはどんな時ですか?ハンドル調整、オイル交換、あるいはバイクの保管などさまざまなシチュエーションで活躍します。ハーレーダビッドソン ブレイクアウトを例に、ジャッキアップを安全に行うための手順を紹介します。今回はフロントを浮かせる場合のジャッキアップのやり方です。解説動画もあわせてご覧ください!


1. バイクの安全なジャッキアップ方法:ハーレー ブレイクアウト編

(画像元:Harley-Davidson Japan )

多くのアメリカンモデルにはセンタースタンドがありません。ハーレーのブレイクアウトもサイドスタンドのみで車体を水平にするためのスタンドはありません。

このような場合には、ジャッキを使用します。車体が安定する場所にジャッキをかけゆっくりあげていきます。安全にジャッキをかけるステップを一つずつ見ていきましょう!

 

ステップ1:車体を起こす

ジャッキを車体の下にセットします。そして車体を起こします。ハンドルは切らずにまっすぐしておきます。

 

ステップ2:ジャッキ設置に適切な場所

ブレイクアウトの場合、VツインエンジンのVの真下あたりがちょうど安定しやすい場所になります。そこ面に凹凸がないか確認をしておきましょう。ジャッキと車体の間に何らかのこたいがはさまると車体が安定しません。ジャッキを上げる前には底面が適正な場所に設置されているか目視で確認するようにしましょう。

 

ステップ3:ゆっくりジャッキアップ

左手でハンドルを支え、右手でレバーを操作します。ゆっくりと慎重に車両を上げていきます。そのうちにフロントが浮いてくるのが感じられます。

 

ステップ4:安定しているか確認

フロントが浮いたところで車両を少し揺さぶってみましょう。不安定な状態では車体が倒れてしまいます。安全確認をしっかりとしておきます。

これでジャッキアップによりフロントを浮かせることができました!

 

 

2. ハーレー 前輪のジャッキアップの仕方を動画で詳しく:Harley-Davidson Breakout

 

まとめ

ジャッキを選ぶ際には、品質が保証されているものを選ぶようにしましょう。重量のバイクを支えるには頑丈な作りで、安定性があり、かつ車体をキズつけないものが求められます。作業はくれぐれも安全に行うようにしましょう。サイドスタンドも万が一の時に備え出したままでも結構です。ポイントをさえ理解していれば安全で効率のよい作業を行うことが可能になります。便利なメンテナンスアイテムなのでぜひ活用してみてください!


あわせて読みたい


ハーレーのウィンカーバルブ交換手順と注意点

ハーレー タンクの外し方:ツーリングモデル

ハーレーのエンジンがかからない原因を探る

バイクジャッキで失敗しないための練習方法

バイク ジャッキアップの位置と方法を動画で!

ハーレーツインカム88エンジンのチェーンテンショナーは壊れやすいですか?

ハーレーデニムペイントを磨くときの注意点!

ハーレーを傷つけずに磨くケミカルはこれだ!:光沢編

 

何か困難にぶつかったときには、知恵を働かせることだ。それでも足りねぇ時は仲間の助けを求める。大体のことは解決するもんさ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA