ハーレー シートの取り外し方:ソフテイル デラックス 2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

バッテリーやハーネスの点検を行う際には、シートを取り外す必要があります。ソフテイル デラックスのシートはどのように外したらよいのでしょうか?シート取り外しにもちょっとした注意点があります。解説動画もあわせてご覧ください!

1. シートの取り外しに必要な工具

・マイナスドライバー

タンデムシートのボルト取り外しにマイナスドライバーを使用します。必ず適合の近いものを選んでください。

 

2. シートの取り外し方

 

ステップ1:タンデムシートから取り外す

メインのシートを取り外すために、まずタンデム用のシートを取り外します。ボルトの溝に合うマイナスドライバーを使用します。

 

ステップ2:ソロシートを外す

ソロ側のシートは手で回せるスクリューになっていますので手で緩めてください。固く締まっている場合はプライヤー等で最初だけ緩めればあとは手で緩めることができます。

 

注意点:ネジの落下防止にナットをつけておく

シートを止めるスタッドがプラスチックのワッシャーで固定されています。劣化がすすむと押さえることによって落下しやすくなることがあります。落下を防止するためにも取り外したナットを再度取付けておいてください。もし緩んでも引っかかって脱落を防いでくれます。

 

3. ハーレー シートの取り外し方を動画で詳しく!:ソフテイル デラックス 2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

 

まとめ

バッテリーやハーネス類の点検時には、シートを取り外す必要があります。ソフテイル デラックスの場合はまずタンデムシートから外し、次にソロシートを取り外していきます。ボルトやネジなど、落下時に紛失しやすいものはあらかじめ落下防止の措置をすることでスムーズな作業を行うことができます。


あわせて読みたい


 

ハーレー バッテリーの取り付け方 ソフテイル デラックス 2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

ハーレー バッテリーの取り外し方:ソフテイル デラックス FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

ハーレーのオイルレベル点検方法:Harley-Davidson Breakout 2017

ハーレーのジャッキアップ&ダウンの手順:ブレイクアウト Harley-Davidson Breakout Jack up&down

ハーレー エアクリーナーの取り付け方と注意点[IRON883]

ハーレー エアクリーナー 清掃方法から点検時期の目安 [ IRON883 ]

ハーレー エアクリーナーの取り外し方と注意点[IRON883]

ハーレーのエアクリーナーカバーの取り外し方[IRON883]

 

小さな存在で大きな役割を果たしていることは、世の中ざらにある。大小で価値が決まると思ったら大間違いさ。小さなネジ一つなくなるだけで、結構困るもんだぜ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA