ハーレーのバッテリーを安全に取り外す方法:スポーツスターFORTY EIGHT編

「バッテリー上がりかな!?」ライダーにはドキッとする瞬間です。そうならないように、バテッリーを下ろして充電しておいたり、また上がってしまったバッテリーを下ろす時に役立つスキルがあればとても便利です。

いくつかの注意点をおさえておけば、簡単にバッテリーを下ろすことができます。バッテリーを安全に下ろす方法を伝授します!

 


1. バッテリーを取り外す手順

バッテリーを取り外す手順は以下の通りです。

シート

サイドカバー

ヒューズ

マイナス端子、プラス端子


ホルダー

バッテリー

 

2. シートを外す時に使用する工具

① レンチ

バッテリー端子を取り外す時に使います。

② ソケット3/8インチ

バッテリーのホルダーを外す時に使います。

③ マイナスドライバー

シートを外す時に使います。

④ マルチテスター

バッテリー電圧を確かめる時に使います。

 

3. シートの取り外し方

まず、ボルトから外します。この時、ボルトに合うドライバーを使用してください。合わないサイズのものを無理に使うとキズの原因になります。

ボルトを取り外したら、シートを取り外します。この時、シートを前方に押しながら外してください。シートの裏側にフックがあります。

 

4. サイドカバーの取り外し方

タンデムペグがある場合には、取り外した勢いで干渉するとキズや割れの原因になります。注意しながら取り外しましょう。

手前に引っ張れば簡単に取り外しができます。

底面にフックがあるので、ゆっくり確認しながら取り外してください。

 

5. ヒューズの取り外し方

マジックテープで側面に張り付いています。そのままはがすようにして取り外しましょう。ヒューズを取り外すには、まずカバーをとります。

メインヒューズ(オレンジ40A)を取り外します。このヒューズを外すと時計がリセットされます。最後に時計のセットを忘れずにしましょう。

 

6. マイナス端子、プラス端子の取り外し方

順番は、必ず『マイナス』からです。もし、プラスから外してしまうとショートしてしまいます。マイナスから取り外しましょう。

そしてプラス端子を外します。

 

7. バッテリーホールダーの外し方

サイドスタンドをかけている場合は、左に傾いています。ホルダーを外した時に、バッテリーが滑り落ちてくる可能性があります。バッテリーが落ちてこないか確認しておきましょう。

バッテリー端子のボルトと、ホルダーのボルトはとてもよく似ています。間違えると損傷の原因になります。わかりやすいように管理しておきます。

具体的な違いはどこかというと、バッテリーは、ミリサイズ。そしてホルダーはインチサイズになっています。

 

8. バッテリーの取り外し方

バッテリーは思いの外、重量があります。この重さを予測して取り外すのがコツです。あまりの重さに驚いて体勢を崩さないようしっかり支えましょう。

 

これで取り外し完了です。

電圧を図るには、マルチテスターを用いて計測しましょう。

バッテリー上がり!?と思った時の対処術

9. ハーレーのバッテリーの取り外し方のすべてを動画で詳しく

まとめ

バッテリーの扱いには十分注意が必要です。電流が流れているため手順の間違いでショートを起こすと、車体だけでなく、人体にも火傷や怪我なども起こりえます。正しい手順で作業を行い確実なバッテリーの積み下ろしを行ってください。


あわせて読みたい


ハーレーダビッドソンの正しい洗車方法

バイクヘルメットの洗い方、ヘルメットピカピカ教室

ハーレーの充電電圧が上がらない、なぜでしょうか?

ハーレーヘリテイジで走行中に異音がします、何でしょうか?

ハーレーのタイヤパンク対処術

ハーレーのタイヤ空気圧は何ヵ月に一度チェックすればいいですか?

ハーレーエンジンオイル量をチェックする方法

バッテリー上がり!?と思った時の対処術

ハーレーのタイヤ空気圧を正しく調整する方法

ハーレーのドライブベルトの点検と調節方法

今すぐできる!ハーレーフロントフォーク3つの点検リスト

やりすぎということは無い!ハーレーの盗難防止策

知ってさえいれば怖くない!ハーレー警告灯の意味と原因まとめ

ハーレーのクラッチレバーをちょっとの気遣いでぐっと快適に!

ハーレー乗りのための、バッテリー上がり克服講座

 

ワイルドに走りには、繊細なメンテナンスが必要なのさ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA