チョッパーの組み立て方- ホイールの基礎知識

あなたがチョッパーカスタムを望んでいるとして、どこから手をつけますか?まずはフレーム、次にホイールですか?

特にホイールは、数ある中から選場なければなりません。どんな種類があって、どんなメーカーがあるのか?

今回は、チョッパーカスタムに必要な、知っておかなければならない「ホイールの基礎知識」の全てをお届けします!

 

Wolfgang On Wheels And Tires

The ABCs Of The Rolling Code

(参考記事・画像元:BIKERNET.COM

1. チョッパーカスタムにもレシピがある!?

ここで紹介する技術は、ティム・レムスが書いたこの本から盗みました。私たちは本の内容すべてを盗むことができなかったので、もし物足りなかった人はこの美味しい一冊を購入してたらふく楽しんでください。

さて、あなたのチョッパー作りの材料はそろいましたか?

今回はこれからチョッパー制作をしたい人のために、ホイールに焦点を当ててお話しします。なぜならホイールはチョッパーカスタムにおいては、フレームの次に重要な箇所といえるからです。

 

チョッパーとなると、多くのライダーはビジュアルにこだわります。ルックスもさることながら乗り心地やハンドルの操作性、ブレーキやその他のドライブトレインコンポーネント選びにもこだわりたいたいものです。

 

例えばこのホイールは、RMD社がBIG DOG MOTORCYCLEのために製作したホイールです。このようなデザイン性に富んだ個性的なホイールがたくさん存在する中であなたはどんなホイールを選びたいですか?

 

 

2. カスタムバイクのホイールタイプ

カスタム用のホイールにはどんなものが存在するのでしょうか?ここでは代表的な3種類のホイールタイプをご紹介します。

2-1. ビレットホイール

ビレットホイール』とは、アルミの削りだしを意味し、実際には2~3種類の異なるタイプのアルミホイールに分けられています。ほとんどのビレットホイールは6061 T6の番号で呼ばれている、いわゆる高強度アルミニウム合金素材から製造されます。最初の4桁は合金を識別する数字で、T6番号は熱処理の規格を示しています。

このパフォーマンスマシン社のホイールもビレット仕様で、フォージド(高圧力で叩き上げて造られた)アルミニウム素材が使われています。キャストホイールっぽくするため、エッジをソフトに仕上げています。ちなみに、このお手本となったのは12本スポークのマグネシム・ホイール。高性能な高速ハードテイルに理想的な形態だったのでしょう。

下の写真は、キム・スーターデザインのフォージテックホイールです。バージン・アトランティック航空機6061アルミニウムから鍛造されました。かつてのビレットホイールは、鍛造されたアルミニウムから切り出され、別個のリムにボルト止めされたもの、または溶接されたスポークを使用していました。現在は、リムが一体化したビレットホイールを製造することが可能になり、少なくとも2つ以上の方法が編み出されています。

ビレットホイールの形成についてもう少し詳しく知りたい方はパフォーマンス・マシーンが提供してるこちらの動画を御覧ください。芸術的なホイールが誕生するプロセスに感動することでしょう。

『パフォーマンス・マシーンのホイールができるまで』

最近のビレットホイールは、磨き仕上げ、あるいはクロームメッキ仕上げのいずれかで入手できます。 下のの写真もその一つです。

リム一体型のワンピース・ビレットホイールも、鍛造作業で作ることができます。この場合、ビレットアルミニウムのかなり大きなディスクが一対の金型によって鍛造されます。かなりの高圧をかけながらホイールの形状に成形します。金型でホイールの基礎的な形状に「鍛造」した後、削り出しの機械加工が施されます。鍛造の利点として、緻密なアルミニウムを容易に研磨できることと、強い放射状の木目柄を作り出すことができることが挙げられます。

 

2-2. キャストホイール

アルミホイールのもうひとつの主軸が、キャストホイールです。この場合の合金は、一般に356アルミニウムです。キャスト(鋳造)することで、ビレットホイールを購入する費用は抑えられると言っても、やはり金型費は相当額します。キャストホイールの中には、組み立て式の衝撃吸収力を高めたものもありますが、ほとんどのキャストホイールは、リムが一体化しています。キャスト材には気孔ができることもあるので、クロムメッキ仕上げの難易度が上がります。


(画像元:Harley-Davidson Japan

 

2-3. スポークホイール

ここまで、アルミニウムホイールについて細かく話をしてきましたが、意味がなかったかもしれません。今回はチョッパー乗りのホイールについてでしたね。

チョッパーが必要とするのは・・・なんといってもパンヘッドエンジン、そしてスポークホイールですから。


(画像元:DNA Specialty

現在販売されているスポークホイールは、40、80、120、240本の4種類です。リムはアルミまたはスチール製になります。直径は15、16、17、18、19、21インチ。幅は、スキニー21インチのフロントリムで約2インチから。15、16、18インチのリアホイールでは少なくとも9インチになります。

スポークは、スチールまたはステンレススチール製で、丸、四角、ねじれ型があります。現在使用されている最も一般的なスポークは6/8ゲージですが、もっと重いゲージもあります。

すべてのスポークが品質面で同じではありません。最高のスポークには、良く知られたブランド名がついていますが、ハーレー・ダビッドソンはそのうちの一つといえるでしょう。

2-3-1. スポークホイールの『ハブ』について詳しく

ハブはホイールの中心に位置し、スチールまたはアルミニウム製がほとんどです。スポークとリムが合うものをチョイスします。と、いうものハブはバイクごとに異っているからです。

フォークがワイドスタイルかナロースタイルかでも違いますし、ブレーキがシングルディスクかダブルディスクかでも変わってきます。

もし分からなければ、普段お世話になっているカスタムショップ、最寄りのハーレーショップ、あるいはハブメーカーに聞けば、どのスポークがどのハブに適合するのか具体的に教えてくれるでしょう。

2-3-2. スポークホイールの『スポーク』について詳しく

この写真でもわかるようにスポークにも様々な種類があります。

スポークラウンド、ラジアス、ダイヤモンドカットなどです。カスタムパーツカンパニーの『アレンネス』や『パフォーマンスマシーン』のハブ用にも多数設計されています。

スポークと言えば、『ブキャナン』の名が頭に浮かびます。

従来のラウンドスポークや、ツイステッド・レクタンギュラーデザインを含め、様々な形状のスポークを揃えています。

ブキャナンの素晴らしいところは、考え得るほとんどすべてのリムとハブの組み合わせができることです。ぴったり合うスポークがなかなか見つからなかったり、合わせるの難しい場合でもブキャナンはあなたの要望に応えてくれるでしょう。


(画像元:Buchanan’s Spokes & Rim, Inc.

 

 

2-3-3. スポークホイールの『リム』について詳しく

リムといえば、エクセルとサンでしょう。どちらも高品質のアルミリムを製造しています。

「Sun Rims」

(画像元:Buchanan’s Spoke & Rim, lnc.

「Excel Rims」

(画像元:Excel Takasago Rim Japan

リムとしても、ホイール・アセンブリーのパーツとしても入手できます。サイズは細い21インチ・ホイールから、ファットタイヤ付き二輪ホットロッドのリアのために作られた、比較的太い16インチと18インチ・リムにまで及んでいます。

クロムメッキ鋼製の非常に良いリムもいくつかあります。これらは、未加工でも、想像しうるあらゆるサイズに組み立てた状態でも、入手できます。

アレンネスは、独自の「ファット 40」ホイールを提供しています。
これは、独自のクロムメッキリムとラジアスデザインハブで構成され、太くて頑丈なスポークで結ばれています。

ランドマークとアメリカンワイヤーホイールは、80本スポークと100本スポークのホイールアセンブリーを提供しています。

「Landmark」

(画像元:HOT BIKE USA

「American Wire Wheel」

80スポーク

100本スポーク
(画像元:Dayton

これらはストレートまたはツイステッドスポークと、クロムメッキハブと、スチールリムから成っています。そのうちのいくつかは、スポークがリムを通る部分をエポキシ系接着剤で密封されているので、チューブレスでも走ることができます。

カスタムクロムには、ステンレススチールリムにマッチしたクロムメッキスチールハブから組み立てられた、非常にシャープなホイールがあります。

「Custom Chrome」

(画像元: Custom Chrome

これらの40本スポークのホイールには、15インチと16インチサイズがあります。すべてのリムが伝統的な十文字パターンで結ばれているわけではないことにも、触れておくべきでしょう。

また、スポークがハブからリムまで放射しているラジアルスポークホイールも扱われています。これらのほとんどは、40本以上のスポークか、直径が3/8インチ以上の非常に大きくて頑丈なスポークを使用しています。

購入するスポークホイールのスタイルを決める前に、ホイール剛性、つまりホイールにかかる力に対してどれだけの耐性があるのかを考慮するといいでしょう。ホイールにかかる力、加速時、減速時など張力を受けたスポークによって吸収されます。ほとんどの場合、80本以上のスポークを使うか、一般的な6/8ゲージよりもはるかに大きいスポークを使用しています。


こちらは240本スポークでスタイリッシュに仕上がっていますね。パット・ケネディが主に120本スポークと240本スポークのホイールとコンポーネントを作るのは、とてもとても強靭だからです。幅8.5インチまでのリア・リムを含め、すべての一般的なサイズがそろっています。

チョッパースタイル伝説のビルダー、『パット・ケネディー』

 

結局のところ、これだけのメーカーがあらゆるスポークホイールを製造しています。つまりあなたの望むスポークホイールは必ず見つかります。

もし探しているホイールを見つけることができないとしたら、あなたの探し方が足りないのです。クロムメッキスチールのリムが付いたシンプルな40本スポークリムから、魅力的な220本と240本スポークデザインまで、すべてがここにあります。

ホイールを購入する前に、すべての基準を検討してください。コスト、重量、および予想される制動時と加速時の荷重に対応するホイールの能力が含まれます。

3. 難しい?簡単?スポークホイールの組立て


(画像元:HOT BIKE USA

チョッパーバイクのホイールカスタムの面白さは、スポーク、ハブ、リムまで自分好みにできることです。出来上がったホイールを取り付けては誰かと被ってしまうかもしれませんよね?

スポーク、ハブ、リム、それぞれあなたの好みのものを集めて、特別なホイールを作成することができます。

「ホイールの組み立ては難しいですか?」

ロケットを飛ばすほどではないので、組み立てるのは簡単かもしれません。しかし、調整にはそれなりの経験値が必要です。スポークの張り具合や、軸のバランスやブレを修正しなければならないからです。

安全面、適切な走行パフォーマンスを考慮すれば、専門家に任せたほうが良い仕事とも言えます。

それでもあなたのチャレンジ精神を拒むことは一切ありません。チョッパーとはそういうものですから。

まとめ

ビレットホイール、キャストホイール、スポークホイール。あなたのスタイルにぴったりのホイールは見つかりましたか?ホイールの表情はバイクの仕上がりに大きく影響します。フレームの形によっても似合う、似合わないもあるでしょう。

走行の安定性、ハンドルの操作性、その全てを放棄してでもデザインにこだわるのか。バイクとしての機能美を兼ね備えたチョッパーを目指すのか。

あなたらしいチョッパー哲学を持って最高のカスタムに仕上げてください。この世にまた一台チョッパーが誕生するのを楽しみにしています。


あわせて読みたい


ハーレーホイール選びの答え

ハーレーのオーバーヒート対策に!2017年ツーリングモデル用クール・フロー・ファン

近未来デザインのハブなしホイール?ロードキング・カスタム

2009年式ハーレーダビッドソンロードキング・カスタム

2011年式ハーレーダビッドソンFLTRロードグライド・カスタム

ハーレー乗りに贈りたいギフト

ツーリングモデル用カスタムフェンダー

あなたのハーレーに、こんなマフラーいかがでしょう?

リーズナブルでかっこいい、ハーレースポーツスターシート

超ド級ハーレーカスタム満載!ロングビーチモーターショー

失敗しないハーレーのハンドル交換5つのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA