ハーレー シートの取り付け方:ソフテイル デラックス FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

シートを取り外したら、取り付けの作業を行います。基本的には取り付けの作業と逆の手順で行います。取り付け時に意識することはどんなことでしょうか?解説動画もあわせてご覧ください!


1. ソフテイルのシート 取り付けに必要な工具

・マイナスドライバー

マイナスドライバーはタンデムシートのボルトに使用します。ボルトの溝に合うものを選んでください。

 

2. ソフテイル シートの取り付け方

 

ステップ1:ソロシートから取り付ける

まずスタッドを保護していたナットを外し取り付けの準備をします。ソロシートの裏には爪があります。この爪がフレームの真ん中の溝に 収まります。必ず爪がフレームの溝に入ることを確認してください。

ソロシート前側からつけて後側を装着します。ここで後部の穴の位置をしっかり合わせないと、スタッドが落下してしまうことがあるので注意してください。

後部の穴がしっかりとはまったら手でナットを締めてください。握力に自信のない方はウォーターポンププライヤーなどで保護しながらつまんで回すのもよいでしょう。

 

ステップ2:タンデムシートを取り付ける

最後にタンデムシートを取り付けます。シートの裏にはフックがあります。このフックが先ほどのスクリューの溝に入り込みます。必ず溝に入っていることを確認してください。最後に、後部のボルトを取り付ければシート装着完了です!

 

3. ハーレー シートの取り付け方を動画で詳しく!:ソフテイル デラックス FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

 

まとめ

取り付け時に注意が必要なのは、フックが所定の位置に収まっていることです。ずれたままでの装着ではパーツにダメージを与えてしまったり、また不安定な装着感となります。簡単な作業ではありますが目に見えない作業も一部あります。意識しながら取り付けを行っていきましょう。


あわせて読みたい


ハーレーエンジン塗装のメンテナンス術『リンクル塗装編』

ハーレーのオイル交換時期っていつ?

ハーレーのウィンカーバルブ交換手順と注意点

ハーレー タンクの外し方:ツーリングモデル

ハーレーのエンジンがかからない原因を探る

バイクジャッキで失敗しないための練習方法

バイク ジャッキアップの位置と方法を動画で!

ハーレーツインカム88エンジンのチェーンテンショナーは壊れやすいですか?

 

ハーレーのライディングには、ケツグリップってのがあるんだぜ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA