ハーレーの査定ポイントを大公開!XG750STREET 2015年式

2015年から新たなファミリーとして加わったXG750。シティーライドにふさわしい作りになっています。カスタムプロジェクトの車両に選ばれ、そのポテンシャルが世界に知れ渡りました。

750ccで扱いやすいので、ビッグツインへのステップアップバイクにもオススメできるマシンです。もしかするとすでに次のハーレーを考えているかもしれませんね。

相棒として頑張って走ってくれたあなたのハーレーを少しでも高額で引き取ってもらうには、ちょっとしたポイントがあります。ハーレー査定のプロに『プロの視点』をこっそり教えてもらいました。

査定のプロはあなたのバイクをどのように評価しているのでしょうか!?

 


1.  プロはこう評価する!XG750 2015年式 の査定のポイント

 

1-1. バイク査定の基礎

査定はまず、ネックにあるフレームの番号とエンジンに記載している番号の一致を確認することから始まります。載せ替えている場合など車両情報が不透明になってしまうと評価は下がってしまいます。

評価が下がるポイントは、あなたが次のオーナーになるとした時、不利益になるであろうポイントがすべてマイナス評価となります。

キズが入っていれば見栄えは悪くなりますし、たとえ見えないところでもそこからサビが発生することも考えられます。事故などでダメージを受けていればその他のパーツや車両全体への影響も考えられます。

基本的には減点方式で査定は行われています。走行距離と車両へのダメージ度合い、エンジンの調子、オイル漏れ、タイヤ減りなどの不具合や消耗箇所の確認、また車検対応のパーツも備わっているかも査定評価に大きく影響するポイントです。

 

1-2. 買取のプロはどこを見るのか?

まず、フレームとエンジンの番号が一致していることを確認します。次に、ハーレーの場合は車両の底から確認していきます。車高が低いアメリカンは、ステップより下側にキズがいく傾向にあります。そのためプロはここから車体のチェックに入ります。まず立ちゴケや事故、走行中に受けたダメージをチェックします。

フレーム、ステップ、エンジン、マフラー、タンク、フェンダーなど車体にキズはないか、またオイル漏れがないかなど細かく見ていきます。

タイヤに溝が残っているかも重要なポイントです。次のオーナーにも安全に快適に乗ってもらう必要があります。タイヤの劣化が進み交換が必要な場合には、その分だけ費用がかかることになります。つまり、売る時点でタイヤの寿命がきていればタイヤを交換しなければなりませんから、マイナスポイントとなります。

 

2. ハーレー査定の現場を動画で見る

 

 

3. バイク査定額アップのヒント

今回の車両はデニムペイントと言って、光沢を抑えたマット調が特徴のバイクです。綺麗に保つために、良かれと思ったケミカルが『光沢用』だとしたら…?とても残念な結果になります。デニムが売りなのに光沢が出てしまうからです。そうなるとマイナス査定となります。そうならないように十分に気をつけ、綺麗にしたい時は、デニム用クリーナーを使用してください。

走らなければ価値が上がるとも一概には言えません。バイクは本来走るように作られています。長期間乗らないで放置されていると、当然バッテリーも上がりますし、知らない間に湿気がサビを生み出すこともあります。

バイクと楽しい時間を過ごし、手を加えてあげる。バイクに対するちょっとした意識と愛情を向けるだけでバイクはイキイキとしてきます。

 

ハーレーデニムペイントを磨くときの注意点!

まとめ

相場は常に変わり続けるのでここでは価格公表をしていませんが、基本的な査定方法は変わりません。

高く買い取ってもらうために様々な業者に無料で査定依頼をかけられるようになっています。その一方で、バイク屋さんとの良好な関係作りも大切な部分になります。買取金額だけなく、査定をするバイク屋さんの真摯さも選ぶポイントにして良いでしょう。丁寧な対応で気持ちよく買い取ってくれるバイク屋さんであれば、次の購入バイクや修理やメンテナンスなどにも期待ができます。

売り手にとっても、買い手にとっても満足のいく取引を心がけたいところです。

楽しい時間を過ごすために手に入れたはずのバイクですが、出会いがあれば別れもあります。別れるまで小まめにメンテナンスをしてあげることで、バイクにとって華々しい門出になることは間違いないでしょう。

今乗っているバイクも、これから手に入れるバイクも大事に乗って、適切に保管する。これが高額査定評価のコツになります。

次なるバイクとの良い出会いがありますように!

 


あわせて読みたい


 

ハーレーの査定ポイントを大公開!FLSTFBファットボーイロー 2013年式

ハーレーの査定ポイントを大公開!FLHTCU TC ウルトラクラシック 2014年式

ハーレーの査定ポイントを大公開!XL1200X FORTY EIGHT 2014年式

ハーレーの査定ポイントを大公開!V-ROD 2007年式

ハーレーの査定ポイントを大公開!FXSBソフテイルブレイクアウト2015年式

ハーレーの査定ポイントを大公開!XG750STREET 2015年式

ハーレーの査定ポイントを大公開!XL883L 2009年式

 

バイクとの相性があるのは確かだが、乗ってみればどのマシンも可愛いもんだぜ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA