何台でも欲しくなる!?超リアルなハーレー模型

「きみは、なんて美しいんだ。」

あなたの愛車に向かって
そんな甘い言葉をかけたことはありませんか?

駐車場で、ガレージで、そして旅先で。

いつでもどこもでも
ハーレーを眺めていたい気持ちは
みんな同じはずです。

乗っていない時でさえも
眺めては惚れ惚れしたい。

自分が乗っているもの、
あるいはいつかは手に入れたい
マシーンの模型は手元に置いておきたいですよね?

最近では、細部にまでこだわり抜かれた、
驚きのプラモデルも存在するほどです。

バイクに乗るより
模型の組み立てに忙しくなる可能性大です。

凝り性のハーレー乗り、という
あなたは十分に注意が必要です。

今回はハーレーの模型コレクションの旅に
出かけましょう!

(画像元:Dorset ECHO

1. 実はイタリア発祥?ハーレーを手がけた模型メーカーたち


1-1. PROTAR(プロター社)


(画像元:VECTIC AUCTION LTD
1963年創業のイタリアの会社。
元バイクレーサーだった創業者、

タルクィニオ・プロヴィーニ

が乗っていたバイクの1/9スケールの模型を提供。

タルクィニオ・プロヴィーニの
レーサーとしての成績はきわめて優秀。

活動していた1954年から1966年の間には
59レース中、20回の優勝、
39回の表彰台入りをはたしている。

レース事故により怪我をしてしまうが
のちにこの模型会社プロターを起ち上げる。

チャンピオン・レーサーが手がけた
バイク模型だけに根強いファンが存在する。


(画像元:GASOLINE ANTIQUE ALLEY

 

2003年からは同国イタリアの模型会社
ITALERI(イタレリ社)に吸収合併された。


1-2. ITALERI(イタレリ社)


(画像元:ITALERI

イタリアの大手模型会社。

PROTAR(プロター社)から金型など引き継いだので
バイクは1/9スケールがメイン。

ただし近年の著作権へ対する
社会意識の高まりで、
ライセンスを必要とする場合には膨大な
ロイヤリティ費用の支払いがある。

そのためか、写真にあるのは
ハーレーWLAだが、

『AMERICA MOTORCYCLE』とのみ表記。

つまり権利を保有していないことが伺える。

日本では、タミヤが輸入し
イタレリ社の製品を流通させていた。


1-3. IMEX (アイメックス社)


(画像元:SCALE MATES

1974年創業、アメリカの模型会社。

ハーレー模型製造のライセンスは
この会社が取得していため
ハーレーのロゴをしっかり記載している。

ITALERI(イタレリ社)はそれができなった。

しかし、実はPROTAR(プロター社)が
下請け会社として製品を作っていた。

 

1-4. IMAI(今井科学)


(画像元:SCALE MATES

1959年創業。
いまは残念ながら、もう存在しない日本の模型会社。

1960年に、電動歩行式の鉄人28号を発売。

鉄腕アトム、ビッグX、サブマリン707など
キャラクターものを得意とした。

自動車や航空機のプラモデルも高く評価され、
サンダーバード関連のキットで大ヒット。

IMEX製品、
つまり下請け会社のプロター社で作られた

1/9サイズハーレー模型の
輸入販売代理会社だった。

1/12スケールを手がけていた当社が
アメリカから引き継いだものと思われる。

しかし2002年には経営難となり解散。
一部アオシマが引き継ぐことに。


1-5. AOSHIMA(アオシマ)


(画像元:SCALE MATES

1935年創業。
創業者の青島次郎は、飛行家としても活躍している。

1932年から原動付き飛行機を制作し
青島模型飛行機という会社を起ち上げる。

戦時中は、教育教材として一気に需要が高まる。

日本アニメのキャラクター模型も手がけ
バブル期には
アメリカ映画に登場するロボットやマシーンの
スケール商品を展開。

ターミネータ:T800
バック・トゥ・ザ・フューチャー:デロリアン
ナイトライダー:ナイト2000KITT&KARR

など。

今井科学の解散後の
プラモデル事業を
一部引き継いでる。


1-6. TAMIYA(タミヤ)


(画像元:TAMIYA

創業は戦前からやっていたが
もともとは運送業がはじまりだった。

しかし、45年6月の静岡空襲により
事業基盤が大打撃をうけ営業困難になる。

終戦後、製材業をはじめ木工部を立ち上げ
木工模型を製造する。

が、51年に漏電が原因で倉庫が焼け
再び経営難となる。

53年には製材業を廃止し模型事業に集中する。

この頃アメリカのプラスチック製模型が
続々と輸入され
タミヤもプラスチックモデルの製造を決断。

60年代にたまたま
入手したプラスチック玩具の金型で
レーシングカーキットを製造。

これが当たる。

後にモーターを搭載し
ユーザーからの高い評価を獲得し
よく走り、組み立てやすく、丁寧な解説が定評となる。

 

2. もやは本物!?目を疑うほどリアルなハーレー模型

TAMIYA(タミヤ)から
本物さながらのハーレー模型がリリースされています。

タミヤは1970年代から
ハーレーのプラモデルを販売し

1996年からハーレーの新作は
ピタりと止まっていました。

しかし、2013年に
HARLEY DAVIDSON  FLSTFB
FAT BOY LO

を発売します。


(画像元:TAMIYA

完成時の再現性が高いだけでなく
組み立ての手順も、
実車を組み立てる感覚も
楽しめる演出が施されています。

たとえば、エンジン。


(画像元:TAMIYA

クランクケースから4本のスタッドボルトに
ブロックを重ねていくので
実車の組み立てと同じ作りです。

他には、フロントフォーク内にも
本物と同じようにバネが組み込まれ
サスペンションとして機能します。


(画像元:TAMIYA

ハンドル、ミラーなど
金属も使われ、かつポジションの
設定も可能になっています。


(画像元:TAMIYA

メッキ部は、部位に応じて
メッキカラーの種類も複数使用され、

ベルトも実際の工業規格で
作られているなど

極限まで実物に忠実に作られています。

さらには、
組み立ての道具にいたっても
機の属性のメガネレンチ、T字レンチで
取り付けを行うので

プラモデルの粋を超えて
メカニック気分を味わえる演出がしてあります。


(画像元:TAMIYA

カスタムパーツとして
ステンレス製ブレーキディスク、
アルミ削り出しマフラーも用意されています。


(画像元:TAMIYA


3. 模型を超えた、ハーレー模型!?

ハーレーの最も象徴的な部分は
やはりエンジンですよね?

そのエンジンの模型がこちら
パンヘッド 2/5スケールです。

電動ドリルで
エンジンスタートさせているのも
ワイルドでかっこいいです。

ここまでいくと
趣味ではなく、もはや職業的な模型制作となります。

でももし実動の
ミニチュアハーレーエンジンの
模型が自宅にあるとしたら?

毎朝の目覚めの一発に
エンジンかけたくなりますよね。


まとめ

バイクを降りてからも楽しめる模型は
ずっと眺めていても飽きることはありません。

細部にまでこだわり抜いた心意気で
乗る以外の楽しみを与えてくれるハーレー模型。

模型であれば
憧れのハーレーを何台所有しても
盗まれる心配もいりません。

雨の日など、走れない時には
ハーレー模型でもうひとつのセカンド・ハーレーライフを
楽しんでみてはいかがでしょうか?


あわせて読みたい


ハーレー時計を自分で作る、かんたん3ステップ

え、Vツインじゃない!?シングルだったハーレーの歴史秘話

意外な事実!ハーレーの原チャリとは?

ハーレー乗りエルヴィス・プレスリー、トライクにハマる!?

憧れのハーレーツーリング街道「ルート66」

『峰不二子』のハーレー遍歴

ハーレー好きの友人へも5分で話せる! 「ハーレーダビッドソンの歴史」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA