ハーレーにブレンボ!理想のブレーキタッチを手に入れよう!

「ブレーキをもっと良くしたい」ハーレーのブレーキに不満を感じているオーナーは少なくないようです。一言で「ブレーキを良くする」と言っても、大きく分けて2つの目的に分かれると思います。1つは、「効き」を強くしたい。

国産車はフロントブレーキ重視のブレーキバランスなのに対して、ハーレーのブレーキバランスはリヤブレーキ重視の為、フロントブレーキの効きが甘いと感じてしまう方もいるようです。

 

ブレーキのチューニングを検討するときに必ずといって良いほど候補に入るのが『ブレンボ』世界最高峰のブレーキメーカー、ブレンボの製品で理想のブレーキを手に入れましょう!

 1.『操作性』アップの鍵はマスターシリンダー

(画像元:ミスミエンジニアリング


ブレーキチューニングの中でも
操作性に一番影響を与えるのがマスターシリンダーです。


1-1.ラジアルマスターシリンダー

一般的なマスターシリンダーというのは、
ブレーキレバーを手前に握った圧力を
横方向に変換してキャリパーに伝わるようになっています。

そのためにロスが発生してしまいます。
ラジアルマスターシリンダーは

レバーを握る方向と
キャリパーへ圧力を伝える方向が同じなので、
力の損失が少なく効率的なブレーキングが可能になります。

また、ダイレクトなタッチにより
キャリパーからの感覚が伝わりやすくなり
繊細なコントロールが可能になります。


1-2.RCS(Ratio Change System)ラジアルマスターシリンダー


RCS(Ratio Change System)ラジアルマスターシリンダーは
その名の通りレバーレシオを2段階で
任意に変更できるようになっています。

レバーレシオとは、
簡単に言えばレバーを握った量に対して、
マスターシリンダーのピストンがどれだけ動くかということです。

握りしろを深めにして、
繊細なコントロールを求めるのか、
カチッとした握り心地で素早い動作や
急制動を求めるのかといった使い分けが出来るようになります。

ブレーキチューニングとなると
まずはブレーキパットを社外品に交換するとか、
キャリパーを交換するイメージが強い方も
いらっしゃるかもしれませんが、

操作性を求める方には
まずマスターシリンダーを交換することをお勧めします。


2.やっぱり一緒に交換したい!ブレンボキャリパー

キャリパーにブレンボのロゴ、
やっぱりかっこいいですよね。

更に高いコントロール製を求めるなら
マスターシリンダーとセットでキャリパーも交換したいところです。

ブレンボのキャリパーには、
キャスティングタイプとレーシングタイプの2種類があります。

以下にそれぞれの特徴をまとめます。


2-1.キャスティングタイプ


(画像元:プロト

鋳造製の一般向けに作られているタイプで、
価格も手ごろでとりあえずブレンボにしたい
という方に向いています。

ただ、キャリパーを変えただけでの
大きな変化は感じにくいかもしれません。

 

2-2.レーシングタイプ


(画像元:プロト

ピストンがアルミ製のタイプと
チタン製の2種類が用意されています。

削り出しで作られたレーシングキャリパーは
見た目の美しさ、繊細なコントロール製、
フィーリングなど価格以上の満足を与えてくれるでしょう。

注意点としては操作性を優先して
ピストンのダストシールがついていないので
こまめなメンテナンスが必要になります。


2-3.キャリパーサポート


(画像元:ミスミエンジニアリング
 

ハーレーにブレンボのキャリパーを取り付けるには、
キャリパーサポートが必要になります。

見た目は地味ですが車体と
キャリパーを固定するための重要なパーツです。


操作性にも影響しますので
しっかりした造りのものを選びましょう。


2-4.ハーレー純正としても採用されているブレンボキャリパー

V-RODなど、ハーレーの中には純正で
ブレンボのキャリパーが装着されている車種も存在します。

しかし、表に解るようにブレンボのロゴは入っていないので
わかる人にしかわかりません。


(画像元:Harley Davidson USA

3.ブレーキチューニングのデメリット?

ブレーキ性能が向上することで、
ブレーキング時のフロントサスの沈み込みが
気になってくる場合もあります。

その際には、フォークオイルを固いものに
交換するなどフロントサスペンションの
セッティングが必要になるかもしれません。


4.リヤブレーキにもブレンボは必要か?
 

「フロントだけブレンボにしたら、
もともとの前後バランスが狂ってしまうから
リヤもブレンボに変えるべきでは?」

ここは悩みどころですが、
国産車と違ってハーレーはもともと
リヤブレーキ寄りのブレーキバランスになっているので、

フロントに比べてリヤは純正でも
しっかり効いてくれます。

フロント重視のブレーキングで
リヤを補助的に使う国産車のような感覚を求めるのであれば
無理に変える必要は無いかもしれません。


とはいえ、前後にブレンボのキャリパーが
装着されているのは格好いいですよね。


まとめ

ブレンボのマスターシリンダー、
キャリパーに変更しても

ブレーキの「効き」そのものが
大きく変わることは無いかもしれません。

しかし、ブレーキを握ったときのフィーリング、
細かいコントロール性などは純正とは比べものになりません。

これはブレンボにした
オーナーさんからよく伺う話です。

ブレンボのブレーキパーツは、
ハーレーを操る楽しさを
一層高めてくれること間違いありません。

“ブレンボは1961年イタリアで、ディスクブレーキが発明された頃とほぼ同時に誕生したブレーキメーカーである。特にハイパフォーマンスカー向けの高性能ブレーキで世界的に有名である。ブレーキメーカーとしては後発といえるブレンボであるが、1970年代には早くもその屈指の技術力を認められ、現在4輪車ではフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、メルセデス・ベンツ、BMW、レクサス等、2輪車ではドゥカティ、アプリリア、BMW、KTM、ハーレー・ダビッドソン、カワサキ、スズキ、ホンダ等の二輪車、イヴェコ、ルノートラック、メルセデス・ベンツ、ボルボの商用車(小型から大型まで)にまで装着されている。F1、WRC、ITC、MotoGP、WSBKなどのモータースポーツやアフターマーケットにおいても高いシェアと絶対的な性能を誇っている。”

(引用:ウィキペディア- ブレンボ

 


あわせて読みたい


ノーマルハーレーでも必須!?インジェクションチューニング

憧れのハーレーサウンドを再現!900回転セッティング

今すぐできる!ハーレーフロントフォーク3つの点検リスト

やりすぎということは無い!ハーレーの盗難防止策

知ってさえいれば怖くない!ハーレー警告灯の意味と原因まとめ

ハーレーのクラッチレバーをちょっとの気遣いでぐっと快適に!

ハーレー乗りのための、バッテリー上がり克服講座

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA