俺のバイク盗んだのオマエかっ!?最強の盗難防止アイテムでこらしめてやる!

もしも明日、いつも大切にしていた愛車がいつもの場所から忽然と姿を決していたら…?

多くのオーナーが愛車を盗まれたとき、「あれ、どこに置いたっけ?」と盗まれた事実を理解できません。そしてそのあとに強烈なショックがおそいかかります。

投じた金額、時間、思い出、すべてが目の前から消えるその前に、しとけばよかった盗難防止策を紹介します!

大丈夫だと思っていた優秀なロックでさえも、実はいとも簡単に解除されてしまいます。まずは許せない窃盗犯の手口から見てみましょう。


この記事でわかること

1. バイク盗難の『超』悪質な手口とは?

 

1-1. バイクが盗まれる瞬間映像

ハーレーダビッドソン スポーツスター IRON883が盗まれる瞬間です。人がないか慎重に確認しながら、バイク盗難の準備に入ります。どうやらこの車体には十分なロックがされてないことが犯人にバレてしまったようです。あるいは、前々から目をつけていたことも考えられます。

バイクにまたがり窃盗作業を進め、ハンドルロックは、手と足で激しく破壊していきます。ついには移動可能な状態にされてしまいました。このバイクが見つかることはありませんでした。

 

日本のマンション駐車場で起きた犯行現場です。フードをかぶった二人組がバイクに近づき、なにやら確認をしている様子です。そしてバイクを持ち上げ、一瞬で立ち去ります。わずか2分ほどのできごとでした。

この車両のフロントタイヤにはちゃんとロックがかかっていました。しかし、一人が前輪を持ち上げもう一人がリアタイヤをささえれば簡単にバイクは持ち運ばれてしまいます。

 

1-2. バイクを盗むと、どんな罪に処せられるのか?

窃盗は犯罪です。日本では、刑法235条に定められ、10年以下の懲役か罰金50万円に処せられます。窃盗をする者にとっては安易に捕まるわけにいきません。そのため下見を行います。

 

1-3. 念入りな下見をするバイク窃盗団の手口

人通りの有無、セキュリティーの状態や持ち主の管理状態など細かくチェックしていきます。たとえバイクカバーをかけていたとしても、大胆にカバーをめくり確認を行うことさえあります。

万が一オーナーや近所の人と鉢合わせても「実は同じバイクを盗まれたのでつい、すみませんでした。」

など、それらしい理由をつけてその場をかいくぐることには慣れています。あるいは、あえてバイクに振動を与えてアラームを鳴らす嫌がらせで、オーナーの行動パターンを分析した上での犯行もあります。

アラームを鳴らして本人が出てくるか、どの部屋から確認するか、鳴らし続けたらアラームをOFFにするのか、など細かく分析しています。

ある程度目星がついたら、架空の買取チラシをバイクに貼り付けたり、玄関先に印をつけたりなどマーキングを行い狙いを定めます。

出張や旅行などで、長期間家を離れ不在となっている場合にはこれらの異変に気づくことができず、盗難候補車両として目をつけられやすい状態と言えます。

そして人目のつきにくい夜などに、わずか数分の間に持って行かれてしまいます。

 

 

1-3. チェーンロックだけではダメ!?解除・破壊されるロック

たとえば、このチェーンロックは耐久性に非常に優れ破壊するには困難なロックとして知られています。叩き壊すことも、またカットすることもできないほど頑丈です。

関節部をどれだけ叩いても崩れません。

グラインダーでもビクともしない優秀なロックです。そのはずが、、、

 

世界の鍵解除の専門家にかかれば弱点が暴かれ、世界中に公開されてしまいます。やはりチェーンロック一本だけでは不安が残ります。

鍵マニアの実践ではトンカチと薄く鋭利な鉄製の道具でいとも簡単も破られてしまいました。

 

 

2. オススメのバイク盗難防止策  基本3点セット

 

2-1. バイクカバー

屋内専用バイクカバー(画像元:Harley-Davidson USA

「ロゴが入っているもので揃えたい!」その気持ちはよくわかりますがセキュリティー上お勧めできません。なぜなら中にある車両がバレてしまうからです。ここに出ているカバーは『屋内専用』のバイクカバーです。外で管理する場合は、無地のものを選ぶようにしましょう。

(画像元:Harley-Davidson USA

  • 品名:屋内外兼用バイクカバー
  • 品番:93100025
  • 適合:スポーツスター、ダイナ、ソフテイル、V-ROD
  • 防水:あり。
  • 透湿性:あり。
  • マフラー部耐熱加工:あり。
  • ロックホール:あり。
  • 縛りひも:あり。

このように外からわからないものを選ぶことが大前提です。ハーレーを始め人気輸入車や希少車はターゲットにされやすいので特に注意が必要です。

カバーをかける時には、風や窃盗犯のいたずらなど丸見えにならないようにベルトや縛りひもでしっかり固定できるものがオススメです。

 

2-2. キタコ  ウルトラロボットアームロック

品質と価格ともに一般のチェーンロックとは一線を画するアイテムですが、盗まれることを考えれば「最強ロック」をチョイスすることは賢いと言えます。重さ別で自宅用とおでかけ用と持っておくと安心です。

チェーンロックは基本的に『地球ロック』を心がけてください。重量級のハーレーであっても、大人が三人いれば抱えることができるからです。

柱など地球ロックできるものがない場合はアンカーをうつなど、バイクを固定できる手段を用意しておきましょう。

(画像元:株式会社 キタコ

  • 品名:ウルトラロボットアームロックTDZ-03
  • 品番:880-0818030
  • 特殊合金鋼使用
  • 25t油圧カッター破断テストクリア
  • 総重量:約5.3kg
  • 全長:約1340mm
  • アームサイズ:19mm角
  • 先端シャフト:φ25×250mm
  • 先端シャフト有効幅:約180mm
  • キーロック一体型(ABLOY SENTRY採用)
  • 鍵のパターン:3億6279万通り
  • キタコ防犯レベル:70
  • 価格:43,000円(税別)

 

マンションの駐車場や道路に即した駐車場に保管する場合は、前も後ろもロックしておくことをお勧めします。キタコロックに加えて、ディスクロックもしておきましょう。

 

KOVIX(コビックス)アラーム付きディスクロック

(画像元:KOVIX )

  • 品名:KNL6-SS
  • 音量:120dB
  • アラームON/OFF:  可能
  • 電池:USB充電式
  • 充電時間:2時間
  • 充電後稼働期間:3ヶ月
  • 価格:6,900円(税別)

 

3. どれだけロックをしても、窃盗のプロは簡単に持ち去ってしまう

とくにハーレーなど、カスタムパーツが多い場合はパーツだけでも盗めばお金になります。もっと言えば、タイヤだけ残して、車体を持って帰ってもタイヤを外せる技術があれば当然取り付ける技術も持ち合わせます。手持ちの盗んだタイヤで賄うことくらい簡単なことです。

過去の窃盗事件の事例では、ハーレーなど高級バイクは外国籍の犯人による仕業が多く報告されています。特筆すべきなのは、窃盗のトレーニングを受けていることです。

ロックの解除方法、破壊に必要な道具、持ち運び方法、あらゆるシチュエーションに手際よく対応できるよう練習を重ねています。

数分で盗みを終えたら、アジトですぐに分解されるため愛車の行方は闇に消えていきます。

プロは、どれだけロックがされていても持ち去る時は持ち去ります。ましてや、盗みの知識とネットワークをもった犯行グループが、コンビニに鍵をつけたまま放置されているあなたのバイクを発見したらどうするでしょうか?

 

4.  バイク盗難防止の新常識!窃盗団撲滅をする最強アイテムはコレだ!

これまでに挙げられた悪質な犯行パターンから、賢いオーナーはアラームやGPSを搭載する手段をとってきました。ただ残念なことに、どれだけその場でアラームがなったとしても、こなれた窃盗団は驚きもしません。なぜならそれも想定の範囲だからです。

オーナーが自宅にいないことを確認済みで、さらに運び出すためのトラックには架空のバイクショップ名、そして犯人はバイク屋を装ったつなぎの格好でやってきます。もし近所の誰かに見られても、礼儀正しく挨拶をする余裕すらあるかもしれません。

肝心のGPSをつけていたとしても、出張や旅行で盗難に気づくのが遅くなるともう手遅れでバイクは二度と帰ってはこなくなります。電池が切れていて気付けなかった、という残念な経験をした人もいるでしょう。

たとえセキュリティー会社によるサービスを利用したとしても、有料で駆けつけてはくれますが、結局犯人を追跡するにはやはり警察に動いてもらうしかありません。またGPSサービスを閲覧できる利用回数にも縛りがあり、必要数を超えると料金がかさむ仕組みのものだったりします。

GPS商品で非常に残念な例をあげると、外国製のGPSセキュリティーを日本国内では使用できないことを知っておきながら販売している業者が存在します。小さな文字での説明書きの上、英語で”only in USA(アメリカのみ使用可)” など巧みに購入者を陥れる例も見受けられます。

日本の通信形式は世界的にも独自なシステムを用いているため、外国製の商品で外国スペックのままでは使用できません。どうかご注意ください。

日本国内で使用される携帯電話の一般的な周波数が2100MHzに対して、外国製品の携帯電話周波数は850、900,1800MHzです。周波数の合わない商品は当然使い物にはなりません。

もし、いまGPS装置をどれにしようか迷っていれば迷わず『LIMD(リミッド)』をオススメします。

これまで未解決だったGPSサービスの弱点を、徹底的に解決した最強のアイテムです。

 

4-1. Googleマップでリアルタイム追跡可能!GPS盗難防止システム『LIMD(リミッド)』とは?

 

この子供の手のひらほどの小さな端末を車体に潜ませるだけで、

  • わずかでも振動を検知したとき
  • 指定範囲外にバイクが移動したとき
  • 配線をカットされたとき

スマホからアラームが鳴り響き、バイクから届くショートメッセージで盗難被害をいち早く知らせてくれます。

 

<特徴1>グーグルマップと連動しリアルタムで愛車の在り処を表示

グーグルマップ上であなたのバイクがいまどこにいるのか、いつでもどこでも、そして何回でも確かめることができます。出張や旅行先でもこれさえ確認できれば安心して熟睡できます。

たとえ安心して熟睡していたとしても、車体が何者かにより触れられ振動を検知したり、アラーム装置を切断する目的で配線が切断されたり、指定範囲を超えて車両を持ち運ばれた場合には、ただちにスマホの警報で叩き起こしてくれます。

 

<特徴2>遠隔操作でエンジン停止ができる

ハーレーなど重量級のバイクは、持ち運ぶよりも乗車して逃げられるケースがよくあります。勝手にエンジンを始動され、逃走する犯人をただマップで眺めているだけでは歯がゆいだけです。

そこでこのデバイスには、遠隔で『エンジン停止』を操作できる機能もついています。

 

スマホのアプリで簡単操作

無料でダウンロードしたアプリから操作を行うことができます。この端末にSIMカードを挿入することで、一般のケータイ電話と同じように番号が割り振られます。この端末にエンジン停止の『コード』を送信するだけでエンジンをその場で停止させることができるのです。

エンジン停止解除の操作を行うまでは、どうやってもエンジンをスタートさせることができない仕組みになっています。

 

盗難発生時に、警察に働きかけるツールとしても最適

警察に追跡をお願いする際にも、盗まれた時点で通報でき、かつルートと現在地を特定することが瞬時にできます。これを無視できる警察官はいないはずです。

盗んだバイクをバラすまでには約1時間と言われています。それまでに居場所をつきとめ逮捕するには十分な機能が備わったデバイスです。

 

<特徴3>パソコンからでも愛車の居場所を確認できます

(画像元:車両追跡画面ログインページ

設定したIDとパスワードでログインすればパソコンからでも位置情報を確認することができます。いつでもどこでもネットの環境があれば愛車がどこにいるのか把握できるので安心できます。閲覧回数にも縛りはなく、好きなだけ見ることができます。

<特徴4>格安のランニングコスト!毎月のわずかな通信SIM使用料金のみ

使用料金 はおよそ200 円~ 500 円程度におさまります。

エンジン遠隔カットなどのSMSでのコマンド送信にかかる費用は、1 回のSMS送信料金分のため数円におさまります。

  • 0SIM の場合:1 通 3 円〜
  • フリーテルの場合: 1 通 3 円〜

 

適合SIMは2社から選択

 

0SIMの場合

(画像元:0SIM

初回契約事務手数料金 3,394 円
月/150 円〜(150MB まで) ※一人一契約まで

 

フリーテルの場合

(画像元:FREETEL

初回契約事務手数料金 3,394 円
月/439 円〜(100MB まで) ※複数契約 OK

その他のバイクや車に取り付けたい場合には、フリーテルを選択するといいでしょう。

この端末のデータ使用量 約 75MB/月 が目安です。

 

 

<特徴5>取り付けに必要なパーツはわずか4つ

  • 本体
  • 電源ハーネス
  • リレーハーネス
  • オプションリレー


①本体

 


②電源ハーネス

 


③リレーハーネス

 


④オプションリレー

 

<特徴6>たとえ電源を断絶されても、5時間稼働

電源が根絶されても、5時間稼働してくれるため追跡が可能になります。

それでも心配な場合には、さらに24時間稼働する外付け電池ケースも用意されています。

  • 品名:24時間稼働オプションバッテリーパック 電池付き
  • 価格:3,000円(税別)
  • 取付け方:デバイス本体の+ – に割り込み接続するだけなので取付は簡単です。
  • 電池の交換目安:約6ヶ月

 

バイク盗難防止GPSトラッカー『LIMD』の取り付け方は?

 

ステップ1:本体を車両に潜ませる

本体はアンテナを兼ねるため、鉄で覆われた場所では電波が遮断される恐れがあります。可能な限り電波を拾えるロケーションに取り付けるようにします。

 

ステップ2:バッテリーに接続

ハーネスは4本あります。

  • 赤=+Bバッテリー
  • 黒=アース
  • オレンジ=アクセサリー
  • 黄色=オプションリレー

赤線は必ず常時電源バッテリーから直接取ってください。

取扱説明書には、使用上の注意、遠隔操作用のコマンドコードの他、配線図も記載しています。

配線図をみて理解ができれば自分で取り付けることも可能です。もし難しいようであれば確かな知識と技術をもったプロのメカニックにお任せするのが確実です。

 

最強の防犯アイテム『LIMD』たった一つの弱点

唯一、弱点があるとすればアプリが英語であることです。とはいえ、アプリのボタンはイラスト入りアイコンになっているため仕様に差し支えはまったくありません。どれだけ英語が苦手だとしても理解できる作りになっているので安心です。

 

4-2. LIMD 盗難防止GPSアプリの操作方法

アイコンをみればおおよそ見当がつきそうです。とは言え英語が大の苦手!という方にもわかるように、解説を加えながらアプリの中身を見ていきましょう!

LIMD専用スマホアプリのインストール

iPhoneはこちら

Androidはこちら

 

 

 

ボタンは全部で8つです。

①Real-time tracking:車両の現在地を確認できます

②Historical route:走行ルートの履歴を記録しています

③Geofence:逸脱範囲の指定ができます

④Issue command:  遠隔操作をするためのコマンド送信画面です

⑤Device info:デバイス(装置)の登録情報を確認できます

⑥Device message:バイクから送られた異常を知らせるメッセージを確認できます

⑦Alarm setting:アラームの設定画面です

⑧Logout:ログアウト

 

それでは、各ボタンを押した時の、スマホ上の画面を確認してみましょう!

 

①Real-time tracking:車両の現在地を確認

出張や旅行中にもっとも押したくなるボタンがこのボタンになるでしょう。

愛車がどこにいるのかリアルタイムで確認することができるためとても安心です。グーグルマップと連動し、いつでも、どこでも、何回でも、こころゆくまで確認することができます。もちろん無料です。

 

②Historical route:走行ルートの履歴を記録

もし窃盗犯が逃走したとしても、走行履歴から居場所を特定することができます。すぐに警察に出向いてもらいましょう。

一方お楽しみツールとしても使えます。ツーリングルートの記録も残るため、ど忘れしてしまったツーリングスポットも確認することができる便利な機能です。

 

③Geofence:逸脱範囲の指定

Geofenceをわかりやすく直訳すると『Gio : 地上』『Fence:柵』です。つまりマップ上に柵(フェンス)を設けることでこの範囲を逸脱したときにアラームでお知らせできる仕組みを表します。

画面右上の『+』を押すことで指定場所の追加を行うことができます。設定を行うには緯度・経度の情報をマップ上で操作し決定します。

 

指定した場所から、車両が逸脱した場合にアラームが鳴るように設定できます。100m〜の範囲で指定が可能です。設定した範囲を超えたら直ちにスマホからアラームが鳴り響きます。

例えば、コンビニやサービスエリア、レストランなどバイクから目を離してしまう時に設定しておくと安心です。かんたんな操作なので降りてすぐに行うこともできますし、トイレなど急ぎで駆け込んだとしても施設内で設定することも可能です。

指定範囲は上部のカーソルを左右に動かすだけで設定ができます。

 

④Issue command:  遠隔操作をするためのコマンド送信画面

SMSでコマンドを送ります。指定のコマンドコードは購入時にもれなくついてきます。コマンドコードはスマホ、手帳、寝室などに控えておくとGOODです。

 

 

⑤Device info:デバイス(装置)の登録情報の確認

 

⑥Device message:バイクから送られた異常を知らせるメッセージ

異常を検知した場合には、バイクからメッセージが送られてきます。指定範囲から逸脱した、振動を検知した、配線を切られた、などの異常別に緊急事態のお知らせが届きます。

 

⑦Alarm setting:アラームの設定画面

基本的には、全てONにしておきましょう。それぞれ異常時にはスマホから鳴り響くアラームでお知らせしてくれます。バッテリー充電がなくなった際にもお知らせがあるため、なおさら安心です。

その他GPSデバイスの多くが電池駆動のため「電池切れ」の心配がつきまといます。その点でLIMDは安心感を与えてくれます。

 

4-3. LIMDの詳細スペックと料金について

  • 周波数: WCDMA2100MHz 3G
  • ネットワーク: WCDMA
  • バックアップバッテリー: 3.7V 370mAh
  • サイズ: 68×40×20mm
  • 重量: 90g

<価格>
本体価格 24,800 円(税別)
本体初期設定費用 3,000 円(税別)

※24時間稼働バッテリーパックオプション電池付き:3,000円(税別)

<ランニングコスト>

月額使用料金 200 円~ 500 円程度。

SMSでの遠隔操作コマンド送信にかかる費用は数円

  • 0SIM の場合:1 通 3 円〜
  • フリーテルの場合: 1 通 3 円〜

※SIM提供会社により初期設定費用がかかることがあります。

0SIMの場合:

初回契約事務手数料金 3,394 円
月/150 円〜(150MB まで) ※一人一契約まで

 

フリーテルの場合:

初回契約事務手数料金 3,394 円
月/439 円〜(100MB まで) ※複数契約 OK。この端末のデータ使用量 約 75MB/月 が目安。

 

 

4-4. GPSトラッカー『LIMD』ユーザーの声

すでに愛用している方々から寄せられたメッセージです。

 

Sudo Makoto さんのコメント:

(写真:93年 スプリンガーソフテイル FXSTS)

絶対的な安心感を得る事ができ、たいへん満足しております。 自宅から少し離れたオープンガレージに駐車してますが、設置前はちょくちょく気になり、見にいっておりました。

設置後は、スマホから位置情報が確認できるので、見にいく煩わしさから解放されました。 今では、会社に出社していても、気になったらスマホで確認しております。

さらに遠隔エンジン停止の機能もあるので、心強く思います。 またツーリングで、通過した道を後から確認できるので、この機能も楽しんで利用しております。 これだけできて、ローコスト。とても満足しております!

 

 

橋本茂さんのコメント:

このGPSトラッカー『リミッド』を取り付けてから夜中と明け方に地震がありました。地震の揺れではびくともしなかった私が 、バイクの揺れを検知した警報音で飛び起きたのを見て家族は呆れていました(笑) 。

旅行に行った時も今までは心配で熟睡出来ませんでしたがこれさえ付けていればエンジンカットも携帯で簡単に出来るので安心して熟睡出来ます。

 

 

5. ☆うれしいパーフェクトハーレー特典!☆

パーフェクト・ハーレー読者には特別に、本体初期設定費用の3,000円を『無料プレゼント!』します!

(※申し込み状況など場合により予告なしに特典を終了することがあります。ご了承ください。)

 

本体価格 24,800 円(税別)
本体初期設定費用 3,000円(税別) ⇨ 『無料!』

 

5-1. パーフェクトハーレー特典を利用するには?

つぎの3つのステップで登録を行ってください。

  • ステップ1:特典つき申し込み書をGET!
  • ステップ2:SIMカード申し込み
  • ステップ3:ユーザー登録

 

ステップ1:うれしい特典つきの申込書をGETする!

 

特典付きの申込書はこちらから:特典受け取り画面

ご希望のメールアドレスに送信されます。

 

(※万が一メールが届かない場合は、迷惑フォルダーを確認いただくか、info@perfect-harley.com  までお問い合わせください。)

 

申し込み用紙に記入をしたら、SIMカードと一緒に下記のあて先に送付します。

 

<送り先>

  • 〒194-0003 東京都町田市小川7-4-41
    ERJスポーツ・レーシング・デベロップメント(株)
    『パーフェクトハーレーLIMD』係 宛お問い合わせ電話番号: 042-796-5222

 

お支払い方法は、銀行振り込み、または代金引き換え(カード決済対応)の2通りです。

申込書からご希望の方法を選択ください。

 

 

ステップ2:SIMカード申し込み

 

『0SIM』か『フリーテル』の2社のいずれかからお選びください。

 

【0SIM】:http://mobile.nuro.jp/0sim/

初回契約事務手数料金 3,394 円
月/150 円〜(150MB まで) ※一人一契約まで

 

【フリーテル】:https://www.freetel.jp/

初回契約事務手数料金 3,394 円
月/439 円〜(100MB まで) ※複数契約 OK。この端末のデータ使用量 約 75MB/月 が目安。

 

0SIMの申し込み方法:プラン選択

 

 

フリーテルの場合

(画像元:FREETEL

初回契約事務手数料金 3,394 円
月/439 円〜(100MB まで) ※複数契約 OK

その他のバイクや車に取り付けたい場合には、フリーテルを選択するといいでしょう。

この端末のデータ使用量 約 75MB/月 が目安です。

 

フリーテルの申し込み方法:プラン選択

 

 

 

ステップ3: LIMDが届いたら、ユーザー登録!

SIMカードが挿入され、初期設定が完成した状態で届きます。

手元に届いたらユーザー登録を行ってください(必須)。

登録はこちらから:ユーザー登録

 

これでデバイス登録完了です!

 

まとめ

ハーレーをはじめ高級バイクや希少車は車体だけでなくパーツが狙われることもあります。わずかな工具でその場で取り外しができる高価なパーツをつけている場合などとくに注意が必要です。

もしも周りに盗難被害にあったことがある仲間がいればぜひ聞いてみてください。

「もし、愛車が盗まれる前日に戻れるとしたら何をしますか?」


あわせて読みたい


入っときゃよかった!?バイクの盗難保険選びの答え

バイク盗難対策に絶対ほしい8つのアイテム!

自作できる!おしゃれなバイクガレージキット9選

バイクガレージ選びのポイントとおすすめを徹底解説!

ハーレーを手に入れた時にかかる税金って?【2017年度】

知っててよかった!ハーレー中古車の購入時の注意点とは?

ハーレートライク、気になる価格や維持費など

 

家族、仲間、そして愛車。ある日突然いなくなったら?失ってはじめて気づくようじゃ情けねぇよな。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA