エンジンとマフラーを繋ぐ部分から排気ガスが漏れ!?このまま走り続けたらどうなるの?

『教えて!ハーレー仙人』のコーナーに寄せられた質問にお答えします。ハーレー仙人からの答えをパーフェクトハーレースタッフがお届けします!

質問:エンジンとマフラーを繋ぐ部分から排気ガスが漏れていました、このまま走り続けたらどうなるのでしょうか?

大変気になりますよね。排ガス漏れの原因から、そこから招かれるトラブルなどどのようなものがあるのでしょうか?質問にお答えします!


1.エキパイからの排気ガス漏れの原因について

漏れの原因は、クランプの部分にあると考えられます。ここのクランプは、純正品で言えばTRKAというブランドの締め付け具にあたります。マニュアルでは、一度緩めたら交換するパーツです。ロックナットになっているため一度緩めると緩みやすく、メーカーサイドとしては厳格な扱いとなっています。

2. 排ガス漏れが引き起こすトラブルとは?

吸気から排気までのシステム、つまりエアクリーナーから燃焼室、そして排気の出口までは排気ガスのフローは、設計、規格どおりでなければなりません。排気漏れは、排ガス規制、そして排気音の規制をクリアできなくなります。

さらに肝心なのは、排気の漏れにより燃焼室に充填される空気量が多くなることで、空燃費が希薄になることです。エンジンが過熱して、パフォーマンスや耐久性に影響がでることになります。これは、スリップオンのマフラーを取り付けた時と同じ現象ともいえます。

3.排気漏れはマフラー落下トラブルの前兆?

排気漏れは、マフラーが脱落するなどの前兆とも判断できます。爆音が出るだけでなく、万が一落下した場合には後続車が落下したマフラーに乗り上げ大きな事故につながることも想定されます。仲間とのツーリング中であれば仲間が被害を受けます、ソロにおいても他の車にも影響がある可能性があります。

ライダーの「いつもと違う感覚」は、何かのトラブルの前兆です。たかが排気漏れと軽視せずに、プロに見てもらってください。

まとめ・排気漏れなどの異常にはいち早く対応を

排気漏れを起こしたまま走行を続けると、パフォーマンスの低下、走行中にマフラーが落下する危険性があるなどさまざまなリクスが推測されます。放っておくことはおすすめできません。ハーレーには特有の振動や熱があるため、他のバイクにはあり得ない規格や素材が使用されています。そのため国産車とも異なるトラブルも起こり得ます。

バイクを安全に楽しむためには愛車から感じるとるライダーのフィーリングが非常に大切です。異常や違和感を感じた時には迷わず頼りにしているショップに聞いてみましょう。専門的な経験から診てもらうことで走行中の安心感を得ることができます。

ライダー自身もまたそのほかの人にも安全なバイクであるために、メンテナンスはしっかり行っておきましょう!


あわせて読みたい!


コネクター取り付けで簡単チャージ!ハーレーバッテリー充電方法

知っておきたい!プラグ交換の手順や注意点について

レンチ一本でできるメンテ!ハーレーのシフトペダルのポジション調整

バイク乗り必見!ライダーズカフェ 11 [ 関東エリア ]

ハーレー乗りにおすすめ!バイクイベント集

バイクにETCは必要!?ETCを安く取り付ける方法から活用方法まで詳しく!

勘が頼りになる。走っているときは特に研ぎ澄まされている必要がある。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA