バイク乗り必見!バッテリーの危険な話

バッテリーの危険性について知っていますか?もし知らなければまずここでどんな危険が潜んでいるのか確認してからにしてください。危険知識さえ身につけば安全な作業を行うことができます。どのような危険が潜んでいるのでしょうか?解説動画もあわせてご覧ください!


1. バッテリー交換時に起きる事故にご注意を!

取り外したバッテリー取り扱いには十分注意して下さい。例えばスパナのような金属で端子同士が触れた場合には一気に高温となり、時には発火することがあります。いわゆる『ショート』と言われるものです。

この事態に慌てて工具を触った瞬間に火傷をします。スパナでさえ溶けてしまうほどの高温になっているため非常に危険です。一瞬で何百度以上にもなりますので、十分注意してください。

安全に取り扱うには、端子にカバーを施してください。バッテリーを購入した場合にはプラス端子に赤いキャップが付属しています。もしキャップがない場合でもガムテープで留めたりすることで接触を防ぐことができます。破棄するときなども、火災や事故を防止するためにもこうした措置を施す必要があります。

 

2. バイク乗り必見!バッテリーの危険な話について動画で詳しく!

 

まとめ

バッテリーは想像異常に危険です。こうした知識をもって作業を行うことでより安全にメンテナンスを楽しむことができます。気づかないうちにショートしないように、作業時のみならず保管時においても端子に金属が触れない工夫で事故を防ぐようにしましょう。


あわせて読みたい


ハーレー シートの取り外し方:ソフテイル デラックス 2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

ハーレー バッテリーの取り付け方 ソフテイル デラックス 2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

ハーレー バッテリーの取り外し方:ソフテイル デラックス FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

ハーレーのオイルレベル点検方法:Harley-Davidson Breakout 2017

ハーレーのジャッキアップ&ダウンの手順:ブレイクアウト Harley-Davidson Breakout Jack up&down

ハーレー エアクリーナーの取り付け方と注意点[IRON883]

ハーレー エアクリーナー 清掃方法から点検時期の目安 [ IRON883 ]

ハーレー エアクリーナーの取り外し方と注意点[IRON883]

 

バイク乗りは危険と隣り合わせだが、扱い方を知っているからこそ楽しむことができる。危険知識が豊富であることもライダーの魅力だぜ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA