ハーレーエンジン塗装のメンテナンス術『リンクル塗装編』

ハーレーのエンジンに施されている黒い塗装は『結晶塗装(リンクル塗装)』と呼ばれるものです。黒光りするエンジンは引き締った肉体美のように映ります。


しかし、特殊な塗装のため、奥に入り込んでしまった汚れに手を出せなかったり、洗車時に擦りすぎて剥がれてしまったり、また経年劣化によるダメージや色あせも少なくありません。

今すぐできる簡単なメンテナンスから、プロにお任せするケースまで、エンジン塗装について紹介します。

 

1.ハーレーのエンジンに施されているリンクル塗装とは?

 

ハーレーのエンジンに採用されているリンクル塗装とは、別名『ちぢみ塗装』『結晶塗装』とも呼ばれ、塗装面に独特な模様を形成する特殊な塗料を用いた塗装方法です。

塗装後、焼付け乾燥器を使い、高温で焼き付ける必要があるので、この塗装ができるのは金属部分に限られます。エンジンのヘッドカバーなどによく使われ、ドレスアップ性が高いのが特徴です。

(画像元:Harley-Davidson USA )

 

2. ハーレーエンジンのリンクル塗装メンテナンス術

リンクル塗装は汚れてしまうと色褪せて見えたり、白っぽく変色してしまうことがあります。リンクル塗装のメンテナンス方法についていくつか紹介します。

 

2-1. ハーレー純正ケミカル「エンジンブライトナー」新車のツヤ復活!

(画像元:Harley-Davidson USA )

 

品名:エンジンブライトナー
品番:93600068
価格:3,102円+TAX

シリコン系のポリマーコーティングにより、リンクル塗装の色褪せを緩和して新車のような艶を取り戻すことができます。撥水効果もあるため汚れの付着も防いでくれます。

使い方は塗装部分に吹き付けるだけです。余分な付着した分をウエスで拭き取ります。またウエスに吹き付け黒いプラスチックを拭くこともできます。一度の施工で効果は長期間持続します。

 

2-2. 格安で手軽に済ませるなら、「シリコンスプレー」

エンジンブライトナーは純正ケミカルだけあって効果抜群です。純正の安心感はあるとはいえ、もっと安く抑えるにはどうするか?代替案としての『シリコンスプレー』があります。

塗った直後はムラになってしまいますが、エンジンの熱が入るとまんべんなく浸透して、綺麗に黒光りしてくれます。

他にも、プラスチック部分の保護、艶出しにも使用できます。

(画像元:呉工業

 

3.リンクル塗装のDIYスプレー

経年劣化により、エンジンの塗装がひび割れたり、一部塗装が剥がれてしまうことがあります。リンクル塗装は本来、塗装後に高温で焼き付ける必要があるので、エンジンを分解して部品単体の状態にしなければ塗装することはできません。

しかし、そこまでするには多くの手間を必要とします。手軽になんとか綺麗にしたいという方のために焼付け乾燥をしなくてもリンクル塗装を再現できるスプレーがあります。

マスキングや付着を避けたい部品の取り外しの手間だけでリンクル塗装風に仕上げることができます。

3-1. リンクル塗装(焼き付け不要)

 

(画像元:VHT 

品名:VHT リンクル(結晶タイプ)スプレー
品番:SP201
容量:325ml
価格:1,400円+TAX

使い方:

  • 脱脂・マスキング、サンディング(400番程度)を丁寧に行う。
  • 1回目を左右方向に200~250mm離して均一にスプレーする。
  • ヒートガンなどで軽く表面を乾燥させる。
  • 日の当たる場所で15分程度乾燥させる(気温が低い時は長めに)。
  • 2回目を上下左右に200~250mm離して均一にスプレーする。
  • ヒートガンなどで軽く表面を乾燥させる。
  • 日の当たる場所で15分程度乾燥させる(気温が低い時は長めに)。
  • 3回目を斜め方向に少し遠目から均一にスプレーする。
  • ヒートガンなどで軽く表面を乾燥させる。
  • 日の当たる場所で15分程度乾燥させる(気温が低い時は長めに)。
  • あとは室内で~24時間程度乾燥させる。
  • マスキングを剥がし、仕上げて完成。

※可能な場合は、95゜Cで20分加熱を行う。

(引用元:Kinokuni

 

3-2. リンクル塗装(焼き付け必要)

焼付けが必要になるぶん慣れないビギナーにとってはやや難易度が高めとも言えます。

(画像元:カーベック

品名:結晶塗料
容量:300ml
価格:2,800円+TAX

使い方:

塗装前

  • 塗装対象物をサンドブラスターなどで表面処理し、足付け作業を行ってください。
  • ブラスト作業が完了しましたら脱脂剤などで表面を拭き上げてください。脱脂が完全でないと塗料の密着に影響が出ます。
  • 焼付け窯もしくは乾燥炉などで熱を加え、表面に残っている油分・水分を完全に蒸発させてください。

塗装

  • 塗料に対して専用シンナーを20~30%程度で希釈してください。 塗料の硬さによって調整してください。
  • 使っていくうちに、残りの塗料粘度が上がっていきます。 使用後は少量のシンナーを添加して保存してください。
  • 基本的に2回~3回塗りで、セッティング時間は10分以内として下さい。
    自動車などのヘッドカバーを塗装する際は、ノズル口径が0.6-1.0ミリのガンでの作業を推奨しております。
  • 2回目の塗装完了後、直ぐに高温の焼付けを行うとチヂミ模様が強く出ます。 逆に時間を置いてからの場合は模様が細かくなります。
  • 焼付け温度120度で15分~20分です。 焼付け完了後直ぐは塗装面が柔らかいので、1-2日置いてからの組み付け作業が望ましいです。

(引用元:CARVEK

 

4.プロに任せる場合の料金

エンジンの脱着、分解、それに伴う消耗部品の交換など、依頼するケースにより料金は異なります。その都度見積もりを出してもらうことになります。

エンジン部リンクル塗装の参考価格

ショップによって価格は異なります。また技量や経験値によっても設定価格が上下することもあります。以下の価格はいくつかのショップに取材した結果の平均的な価格です。

 

  • エンジン全体を塗装する場合:10万円前後
  • シリンダーヘッド:3万円前後
  • シリンダーケース:3万円前後
  • プライマリーカバー:2万5000円前後
  • ダービーカバー:3,500円前後
  • カムカバー:1万2000円前後

 

 

まとめ

エンジンはフィンがついていたり、洗車もしにくい部分とも言えるでしょう。塗装剥がれを考えると洗車時にゴシゴシ擦れない場所でもあります。

日常的なメンテナンスには専用ケミカルを使用するだけでも綺麗になります。DIYにチャレンジするもよし、プロにお任せして仕上がりを楽しみにするもよし、いずれにしてもあなたのバイクがいつまでも美しくいられることが重要です。


あわせて読みたい


ハーレーのオイル交換時期っていつ?

ハーレーのウィンカーバルブ交換手順と注意点

ハーレーのエンジンがかからない原因を探る

バイク ジャッキアップの位置と方法を動画で!

ハーレーデニムペイントを磨くときの注意点!

ハーレーを傷つけずに磨くケミカルはこれだ!:光沢編

ハーレーのトラブルコードを確認する方法

ハーレー時計の合わせ方を動画で詳しく!

 

 

バイクに股がるときくらい、昨日までのすべての不運や煩悩は捨て去ろうぜ。身軽さはライダーの特権さ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA