ハーレーエンジンオイル量をチェックする方法

エンジンオイルの量を確かめたことがありますか?エンジンオイルの役割は潤滑だけではありません。冷却、密封、洗浄、防錆など多くの役割を果たしている分、小まめにチェックしたいポイントです。

エンジンオイルのレベルチェックはとても簡単です。ハーレーダビッドソン、スポーツスターを実例にオイルレベルをチェックする具体的な方法をお届けします!

 

1. エンジンオイルとは?

エンジンがかかっている間、エンジン内では爆発が起きピストンを動かしています。これが高速で往復運動を続けています。もしもエンジン内にオイルがなく、金属面同士が擦れ合うとしたらとてもまともに動くことは考えられません。

摩擦がピストン運動の妨げになれば、エンジンは機能しません。エンジンオイルが金属と金属の間に張り込むことで油膜を張りエンジン内のパーツを潤滑させています。

潤滑だけではなく、エンジンの熱を抑える『冷却』、ピストンとシリンダーの間から混合気や燃焼ガスが漏れないようにする『密封』、摩擦で生じる金属粉、混合気の未燃焼物質を洗い流す『洗浄』、金属に酸素や水分を触れさせないようにする『防錆』の役割も果たしています。

洗浄の役割もあることから、『汚れ』が生じます。また知らないうちに漏れていることもあります。そうした異変を知るためにオイルレベルのチェックが欠かせません。

2. ハーレーエンジンオイルのレベルチェック!

チェックする項目は、2つです。『量』そして『色』です。とても簡単です。ご覧ください!

3. キレイでも交換が必要なエンジンオイルとは?

「量もカンペキ、色も黒ずんでなくてキレイ!」

本来なら言うことなしですが、もしこの車両が1年以上放置されていた場合にはエンジンオイルの交換をオススメします。実は、オイルが酸化している可能性が大きいからです。酸化すると、本来の機能を十分に発揮でません。

つまり、潤滑、冷却、密封、洗浄、防錆の機能が落ちている状態と言えます。新しいオイルに交換してあげてください。あなたの相棒は喜んでくれます。

 

まとめ

長く楽しむためにも、エンジンをいたわってあげることはとても重要です。エンジンをばらすには、知識も経験も必要ですが、エンジンオイルのチェックは誰でも簡単に行うことができます。しかも、今すぐできます。

もしツーリングを予定していれば、事前にチェックしてみてください。もし汚れが目立つようなら新品に替えてあげるだけで愛車が喜んでいることを感じられるでしょう。


あわせて読みたい


バッテリー上がり!?と思った時の対処術

ハーレーのタイヤ空気圧を正しく調整する方法

ハーレーのドライブベルトの点検と調節方法

今すぐできる!ハーレーフロントフォーク3つの点検リスト

やりすぎということは無い!ハーレーの盗難防止策

知ってさえいれば怖くない!ハーレー警告灯の意味と原因まとめ

ハーレーのクラッチレバーをちょっとの気遣いでぐっと快適に!

ハーレー乗りのための、バッテリー上がり克服講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA