ハーレー取り回しのコツ:ソフテイル ヘリテイジ編

重くて大きいハーレーの取り回し、いつもどうしていますか?ハーレーは一度傾き、限度を超えるとどんなプロでも支えることが不可能になります。

ハーレーを、かっこよく取り回したい!そんなあなたに、取り回しの基本をお届けします。

今回は、ハーレーダビッドソン ソフテイル ヘリテイジの取り回し方です。

 


1. ソフテイルの取り回し:前に押す

ソフテイルを前に押す動作から説明します。特に今回のヘリテイジにはスクリーン、メッキパーツなどハンドル周りにも多くのパーツがありさらに重量を感じやすくなっています。重量がある分、初速にはある程度のパワーを要します。しかし、一度動き始めると楽に全身することができます。どうすれば効率よく勢いをつけられるのでしょうか?

1-1. 左右の肩に均等に力がかかるように構える

まっすぐ前に進めるために、両肩に均等な力を加えると車両がブレにくくなります。

1-2. ぐっと肩で押して、腕を伸ばす

体の体重を両肩から均等にハンドルに力を伝えていきます。車体がじわりと前に進みだします。その時、車体の進行に合わせて腕を伸ばし前進します。

 

1-3. ゆっくりじんわりブレーキで止まる

ゆっくり進行しているとはいえ、急なブレーキをかけるとバランスを崩しやすくなります。ゆっくりじんわりブレーキをかけてください。

 

2. ソフテイルの取り回し:後ろに下がる

後ろに下がる時も、ある程度の勢いが必要になります。力のかけ方、バランス取りのコツをつかめば、女性や腕力に自信がない方でもハーレーの取り回しができるようになります。最初は、躊躇することもあるかもしれませんが、ゆっくり自分のペースで取り回しの練習をしましょう。

2-1. 左右の肩に均等に力がかかるように構える

左右両肩の力が均等になることで、バイクのバランスが安定しスムーズに進みます。

 

2-2. ゆっくり引き寄せながら後ろに下がる

焦らずゆっくり、バランスを取りながら進みます。この時、左腕にやや力が入っている状態で、車体との距離を気持ち余裕を持たせています。車体と体の距離をとることで、左腕の自由度が生まれハンドルの切れ幅が広がることで舵を取りやすくなります。止まる際はブレーキはじんわりとかけるか、ブレーキをかけずにそのまま体の力で止まることができます。

 

3. ソフテイルの取り回し:坂道・切り返しが多い時

坂道や、平面で舵を切りながらバックする時の取り回しについて説明します。右手は突っ張った状態でシートの角に手のひらをおきます。左手でハンドルを握りバランスと舵を取ります。上級者向けの取り回し方ですが、これを覚えるとあらゆる場面での取り回しが楽になります。バイクのバランスをとるコツがつかめないうちは、ゆっくり時間をかけて練習をしてください。

3-1. 右手でドンと押し出す

右手をシート後ろの角に当て、体重を載せます。特にソフテイル・ヘリテイジは重量があるためしっかりと体の体重をかけ車体を押し出します。右手から伝わった体重は車体を動かし始めます。左手でバランスと舵を取ります。

 

3-2. 右手は突っ張ったまま

進み始めたら右手は突っ張ったままの状態で進みます。左手で舵を切りながら後進することもできます。この時、目線と右手の力のベクトルが進行方向に向かうことでバランスを取りやすくなります。

 

3-3. ゆっくりと下がる

ブレーキの操作ができないため、ゆっくり進みます。あわててハンドルに手をかけブレーキをすると転倒の原因になります。スピードを出しすぎないように注意してください。

 

3-4. バックから前進に切り替える練習

下がってから、前進する切り返す方法を説明します。前進したいポイントで足を止め、車体を一度直線にしバランスをとります。勢いづいた車体はそのまま後ろに下がろうとしますが、そのエネルギーを両腕で受け止め、右手のブレーキレバーで後進エネルギーをそっと消します。両肩に均等に力を加える構えで、そのまま前進していきます。

スムーズに行えるまで自分のペースでゆっくり行ってください。1日でできるようにならなくても構いません。むしろ何度も取り周りの練習を行い、ハーレー取り回しに必要な筋力をつけることでより確実な取り回しを行うことができます。

 

4. ハーレー取り回しのコツを動画で詳しく!ソフテイル ヘリテイジ 編

 

まとめ

慣れないうちは、ゆっくりと確実に練習を行ってください。特に今回は重量のある車両でした。重たいバイクはある程度の筋力が必要になります。取り回しの練習を行ううちに、いつの間にかハーレー筋肉が出来上がってきます。

ツーリングでは他の仲間を待たせたくないがために焦りがちですが、焦らない生き方ができるのがハーレーの魅力の一つでもあります。ゆっくり行きましょう。

助けが必要な時には、仲間が快く手を差し伸べてくれるでしょう。お互いに協力しながらわいわい楽しめる、それもいい思い出になります。

素敵なハーレーライフを楽しんでくださいね!


あわせて読みたい


ハーレー取り回しのコツ:スポーツスターフォーティーエイト編

ハーレー取り回しのコツ:ダイナ ストリートボブ編

ハーレーを手に入れた時にかかる税金って?【2017年度】

知っててよかった!ハーレー中古車の購入時の注意点とは?

ハーレートライク、気になる価格や維持費など

隣のハーレーガレージ:#002 KIICHIRO BASE

隣のハーレーガレージ:#001 “MOCHY HOUSE”

バイクガレージ選びのポイントとおすすめを徹底解説!

 

ハーレーに乗り始めると、競争心ははるか遠くに沈む夕日のようになるものさ。貢献と協力こそ美徳になってゆく。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA