ハーレー取り回しのコツ:ダイナ ストリートボブ編

重くて大きいハーレーの取り回し、いつもどうしていますか?ハーレーは一度傾き、限度を超えるとどんなプロでも支えることが不可能になります。

ハーレーを、かっこよく取り回したい!そんなあなたに、取り回しの基本をお届けします。

今回は、ハーレーダビッドソン ダイナ ストリートボブの取り回し方です。

 


1. ダイナの取り回し:前に押す

ダイナストリートボブを前に押す動作から説明します。重いバイクのため、最初の勢いはある程度必要になります。どうすれば効率よく勢いをつけられるのでしょうか?

1-1. 左右の肩に均等に力がかかるように構える

まっすぐ前に進めるために、両肩に均等の力を加えると車両がブレにくくなります。

1-2. ぐっと肩で押して、腕を伸ばす

両肩の力を均等に、ダイナのハンドルに伝えたら車体が前に進みだします。その時、車体の進行に合わせて腕を伸ばし前進します。

1-3. ゆっくりじんわりブレーキで止まる

ブレーキをかける時は、ゆっくりじんわりと行ってください。フルロックなど急なブレーキは、車体のバランスを崩し転倒することがあります。

2. ダイナの取り回し:後ろに下がる

重い車両を後ろに下げる時も、ある程度の勢いが必要になります。

2-1. 左右の肩に均等に力がかかるように構える

左右両肩の力が均等になることで、バイクのバランスが安定しスムーズに進みます。

2-2. ゆっくり引き寄せながら後ろに下がる

焦らずゆっくり、バランスを取りながら進みます。この時、目線は進行方向を向いています。止まる際、ブレーキはじんわりとかけることでバランスを保つことができます。

3. ダイナの取り回し:坂道・切り返しが多い時

坂道や、平面で舵を切りながらバックする時の取り回しについて説明します。上級者向けの取り回し方です。バイクのバランスをとるコツがつかめないうちは、ゆっくり時間をかけて練習をしてください。

3-1. 右手でドンと押し出す

右手をシート後ろの角に当て、体重を載せます。右手から伝わった体重は車体を動かし始めます。左手でバランスと舵を取ります。

バイクに対し、体は斜めに傾いています。こうすることにより、体の体重を効率よく右手を介してバイクに伝えています。この時、目線、右手の力はともに進行方向に意識を向けることでバランスを取りやすくなります。

3-2. 右手は突っ張ったまま

進み始めたら右手は突っ張ったままの状態で進みます。目線は後ろ、左手でバランスと舵を取ります。

3-3. ゆっくりと下がる

ブレーキの操作ができないため、ゆっくり進みます。あわててハンドルに手をかけブレーキをすると転倒の原因になります。スピードを出しすぎないように注意してください。

 

4. ハーレー取り回しのコツを動画で詳しく!ダイナ ストリートボブ編

 

まとめ

ハーレーは重いバイクのため、上手に力を車体に伝える必要があります。しかし重い分一度体重が乗ると思いの外スムーズに車体は動き始めます。ライディングのコツと同じく、取り回しも進行方向に目線を置くことで安定した取り回しを行うことができます。ケガをしないためにも、コツをつかめるまでゆっくりと確実に取り周りの練習を行ってください。あなたにもかっこよくハーレーを取り回せる日が必ずやってきます。


あわせて読みたい


バイクジャッキで失敗しないための練習方法

バイク ジャッキアップの位置と方法を動画で!

ハーレーデニムペイントを磨くときの注意点!

ハーレーを傷つけずに磨くケミカルはこれだ!:光沢編

ハーレーのトラブルコードを確認する方法

ハーレー時計の合わせ方を動画で詳しく!

バイクヘルメットの洗い方、ヘルメットピカピカ教室

 

ハーレーのハンドル切れ角は、他のバイクに比べてワイドだ。こう見えて実は易しいバイクなんだぜ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA