中古車で購入したハーレーは、ディーラーで点検すべきでしょうか?

『教えて!ハーレー仙人』のコーナーに寄せられた質問にお答えします。ハーレー仙人からの答えをパーフェクトハーレースタッフがお届けします!

質問:「2015年のブレイクアウトを中古で買い1年が過ぎました! 新車のように12ヶ月点検や24ヵ月点検などの定期的な有料点検をディーラーでした方が良いのでしょうか?」

ご質問ありがとうございます。点検の費用がかさむのはちょっと気が引けますよね?点検は行うべきなのでしょうか?


1. ハーレーの定期点検で得られるものとは?

結論からすると、『点検はするべき』となります。車両の状態に加えて、安心感はライダーの心的要素に大きく影響します。中古車であればなおさら、前のオーナーの乗り方や保管方法もわかりません。もしきになるところが一つでもあれば一度点検に出してみたいところです。

プロによる点検でライダーが気づかなかった不具合が判明することだってあります。ベアリングのグリスがなくなっていたり、アスクルシャフトが錆びてしまっていたり、普通は気づかない不具合もトラブルが起きる前に対処することができます。

交換や修正が必要なパーツは、変えておくべきです。なにしろ不具合による走行中の事故だけは避けなければなりません。とくにバイクは2輪である特性上、安全面を一番に考慮しておきたいところです。

 

2. メーカー保証を受けられる条件としてディーラーでの『点検』は必須

もし新車からのファーストオーナーであれば、ディーラーで点検を受けていることで『メーカー保証』を受けることができます。

『HDJ正規販売網店にて法定定期点検および、オーナーズマニュアルに記載されたハーレーダビッドソン ジャパンが必須として定める定期点検項目が実施されており、且つ、定期点検項目に示す、定期交換部品の指示通りの交換が行われている車両に限り』(Harley-Davidson Japan

ハーレーは100年以上の歴史があり、車体のトラブルや特性についてもそれだけの情報とテストの結果に基づいて点検項目を定めています。

見方によっては、「ただチェックしてもらっただけなのに高額になった」と感じることもあるかもしれません。しかし、ディーラーでしかわからない項目もちゃんとあります。

 

3. ハーレーディーラーでしかわからない点検項目もある

ハーレーはアメリカで生まれたバイクで、日本製やドイツ製のバイク作りのバックグラウンドも考え方も異なります。そしてハーレーに関するトラブルの答えは、常にハーレー社にあります。

ハーレーのマシントラブルを分析するために、デジタルテクニシャンと呼ばれるトラブル解析装置を用いて作業を行うこともあります。

ハーレーのトラブルコードを確認する方法

バイクに搭載されるコンピューターがトラブルを記録し、具体的にどのようなトラブルなのかを割り出せる仕組みになっています。

 

4. 気になるハーレーの点検費用は?

車体の状態により、点検や交換パーツにかかる費用はそれぞれ異なります。目安として、パッケージの料金からざっくりとした数字を見てみましょう。

(画像元:Harley-Davidson Japan

 

  • エクストラコース:194,400円
  • レギュラーコース:152,300円

 

3年間の点検がパッケージ化され、消耗パーツの交換も含まれた料金システムになっています。1年あたりの料金は、

  • エクストラコース:64,800円/1年
  • レギュラーコース:50,766円/1年

 

さらに月割にすると

  • エクストラコース:5,400円/月
  • レギュラーコース:4,230円/月

 

上記にした金額がひとつの目安になると言えます。コースによって交換対象に含まれる消耗品パーツは異なりますが、エアフィルター、オイルフィルター、プラグ、ブレーキフルード、オイルなどの消耗品は、どのバイクでも基本的な消耗パーツと言えます。

点検を通じて、発覚した不具合により必要なメンテナンス、修理にかかる工賃はその都度相談する形となります。

 

5. ハーレー点検について・まとめ

オーナーによっては、一生乗るつもりでいる人もいるでしょう。そしてそれが可能なのも、ハーレーと言えます。ハーレーは存在するバイクメーカーの中でもダントツで寿命の長いバイクとして認知されています。

本国アメリカでは三代に渡りハーレーを乗り継いでいる話も珍しくはありません。またハーレーのヴィンテージバイクも現役で多く走っている事実からしてもハーレーは丈夫な作りであることが伺えます。

点検やメンテナンスを続けることで、そこまで長く乗れるバイクであることには間違いありません。ディーラーの点検はもちろん、日頃のちょっとした洗車だけでもバイクの異変に気づくことができます。

メンテナンスもバイクライフの一部として、楽しく過ごせるでしょう。


あわせて読みたい


股下で熱いハーレーのエンジン熱対策を知りたい!

暗闇で光る安心感!ハーレーのスイッチカスタムをしたい!

ハーレーのオイル交換サイクルが日本とアメリカで違う理由

ハーレーのリアサスペンションが短すぎて腰に衝撃が!?どうすればいいでしょうか?

キャブ車のアイドリングはどのくらいが安定しますか?

マフラーを交換したら、エアクリーナーも変えるべきですか?

高年式ハーレーでもスプリンガーフォークにカスタムできますか?

私もいつかハーレーをカッコよく乗りこなせるでしょうか?

 

バイクの点検も大事だが、人間の健康管理が一番だぜ。いつまでもバイクに乗れるあんたは本当に幸せ物さ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA