ハーレーに似合うヘルメット、Bucoの知られざる歴史

Bucoのヘルメットを知っていますか?もしかすると、一つや二つ持っているかもしれませんね。持っていないにしても、一度は手にしようか迷ったことがあるはずです。

アメリカ発祥のヘルメットメーカーで、残念ながら現在はもう存在していませんが、レプリカとして日本の会社が提供し続けています。

実は、現地アメリカでの情報も入手しにくいBucoヘルメット。ヴィンテージヘルメットとしてコレクターの間では未だにオークションなどで高値で取引されています。

Bucoはよく知っているけど、全く知らないBucoの歴史。今回もまた、現地アメリカからの情報をお届けします。

 


1. Bucoヘルメットの歴史

(参考記事:ANTIQUE VINTAGE GALLERY

ヴィンテージバイクのヘルメットは、バイカーだけでなく、コレクターにとっても眺めているだけで楽しいアイテムです。中でも『Buco(ブコ)』は絶大な人気を誇っています。

老舗ヘルメットメーカー『Buco』 の誕生は、1933年アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトから始まります。”Look better, fit better, are better.” 「カッコよくって、かぶり心地もいいって、最高だろ」というスローガンを掲げていました。


(画像元:hobbydb.com

1950年代から1960年代にかけては誰もが知るヘルメットとなり、ハーレーダビッドソンだけでなくインディアンモトサイクルでも全国全店のディーラー店で販売されるほどでした。

(画像元:Advertisement Gallery

ブコは、Joseph Buegeleisen Company(ジョセフ・ビューガライゼン・カンパニー)の商号で、もやはこの名前はオートバイ産業を意味するほどのビッグネームで、当時の最大のバイクアクセサリーメーカーで、安全なヘルメットメーカーとして誰もが認める存在でした。

ヘルメットだけではなく、ハーレーダビッドソンのジャケットやアクセサリー制作、警察や軍など国家機関にも商品を提供していました。

  
(画像元:Die, Workwear!

1966年にニューヨークのAmerican Safety Equipment Corporation(ASEC:米国安全装置会社)に買収されてからも大規模な事業を続けていました。


(画像元:hobbydb.com

自動車業界に危機を引き起こした石油危機のために、部門として存続することが不可能となりました。

だからこそ買収される1966年より前に製造されたヘルメットは、 Bucoヘルメットのコレクターにとってその後に製造されたヘルメットよりも貴重です。

残念ながら、これらのヴィンテージヘルメットは、現代のヘルメットに適用される安全基準を満たしていません。材質は経年劣化を起こしているので、安全なへルメットとしては機能しないからです。

そうは言っても、カッコイイものは仕方がありません。希少性もあり、同年代のヴィンテージアイテムにもぴったりなので、ディスプレイするには最高です。

どれだけカッコよくても、ヘルメットとしては機能しないので走行への使用はどうかしないでください。ディスプレイ、コレクション、ヴィンテージスタイルのバイカー衣装の一部としての利用をお勧めします。

しかし、当時のBucoのヘルメットは、安全性に特化するために徹底的にテストされ、実績のあるヘルメットでした。ブコは高度な安全ヘルメット研究の先駆者と見なされ、1964年のアメリカンモーターサイクリング誌に掲載された広告で「Buco:最も徹底的に設計され、テストされたヘルメット」という見出しで飾られています。

人気のあるモデルのいくつかは、ebayなどのオンラインサイトから入手できます。最古のBucoヘルメットモデルには、1940年代に製造された顎ひも付きのブラックレザーモデルが含まれていました。


当時のレザーヘルメットイメージ(画像元:BAD ASS MOTORCYCLE HELMETS

丈夫な現代のバイクのヘルメットとは対照的に、アビエイタースタイルの柔らかいキャップと言った方がいいでしょう。

トラベラーのようなハーフヘルメットもBucoの初期の時代に人気があり、現在はebayでも出品されていることがあります。


(画像元:ebay

バブルフェイスシールド付きの白いヴィンテージ ファリー 300ヘルメットも1950年代以降の人気スタイルでした。


50年代当時のレーサースタイル(画像元:british-customs.com

2. Buco ヴィンテージヘルメット購入の注意点

もしBucoのヴィンテージヘルメットを購入するとして、最も気をつける点は実際にBuco純正ヘルメットであることを確かめることです。オンラインショッピングでは非常に曖昧な記述が多くあり、実際に、本物のBucoヘルメットではなく似たようなもので「Bucoスタイル」のような巧妙なフレーズを使用しているものもあります。

必ず本物を手に入れるようにしてください。Bucoという名前と、その歴史的価値に魅力があるのですから。コレクターの間でも、オートバイ史初期を愛する人たちにも人気があります。

多くのコレクターは、レザージャケット、広告ポスター、雑誌記事、ヴィンテージオートバイのヘルメットなど、アメリカのバイクの初期を代表するさまざまなアイテムを手に入れたいと思っています。


Buco ポスター(画像元:Motorparade


Bucoポスター(画像元:ebay

商品の希少性、状態、年代によっては非常に価値があります。特にBucoヘルメットは、オートバイ史におけるお宝として際立てっています。コレクターの中では、最も人気のあるブランドです。

3. Bucoのレプリカをゲットするには?

実は、日本のTOYS McCoy(トイズマッコイ)という 会社が復刻版をリリースしています。



(画像元:TOYS McCOY STORE

品名:Buco STANDARD フレア
価格:28,944円(税抜)

このフレアは、50年代のカスタムペイントがモチーフになっています。誰がデザインしたかは不明ですが、トイズマッコイ代表が友人から譲り受けたBucoのヴィンテージヘルメットの復刻として手がけたものです。

Bucoのレプリカヘルメットはインターネットや各地ショップなどで広く入手が可能です。

ヘルメットで気分を変えて走るのもまた楽しみの一つになります。


(画像元:TOYS McCOY OFFICIAL BLOG

まとめ

数多くあるヘルメットから、Bucoだけをピックアップしてもこれだけユニークな話が盛りだくさんです。ハーレーに乗るということは、バイクから派生するすべてものを楽しむことができます。

Bucoのヘルメットは、アメリカの50年代から60年の時代がそのまま詰まっています。当時人はどんな思いでハーレーにまたがっていたのか?もしかしたら今のあなたとなんら変わりはないかもしれませんね。


あわせて読みたい


これがオレのスタイル、ハーレー乗りのヘルメット選び

ハーレー乗りの正しいブーツの選び方

ハーレー乗りがこだわりたいデニムの世界

アメリカ発、カッコ良すぎる旧車ハーレーイベントとは?

チョッパースタイル伝説のビルダー、『パット・ケネディー』

ハーレー時計を自分で作る、かんたん3ステップ

一緒に走りたい!8人のハーレー美女

え、Vツインじゃない!?シングルだったハーレーの歴史秘話

意外な事実!ハーレーの原チャリとは?

ハーレー乗りエルヴィス・プレスリー、トライクにハマる!?

憧れのハーレーツーリング街道「ルート66」
何台でも欲しくなる!?超リアルなハーレー模型

『峰不二子』のハーレーダビッドソン遍歴

ハーレー好きの友人へも5分で話せる! 「ハーレーダビッドソンの歴史」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA