バッテリー交換後にリセットされるメーター項目とは?:2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

バッテリーを交換すると、メーター内表示がリセットされる項目が2つあります。交換後にはチェックをしておくとよいでしょう。どの項目がリセットされるのでしょうか?動画もあわせてご覧ください。


1. 燃料計:バッテリー交換後にリセットされる項目①

燃料計が『LO RNG(ローレンジ)』と表示されます。燃料が不足していることを示す表示ですが、心配することはありません。この表示は、通常走行すると元に戻ります。バッテリー交換後のテスト走行後に再度チェックをしてみてください。

 

2. 時計:バッテリー交換後にリセットされる項目②

もう一つは時計です。『12:00』の表示になっています。時計表示のまま、トリップメーター切り替えボタンを『長押し』することで時間設定を行うことができます。

バッテリーを交換後やヒューズを抜いた後には再調整が必要なポイントになります。

ハーレー時計の合わせ方を動画で詳しく!

 

3. ハーレーのバッテリー交換後にリセットされるメーター表示について動画で詳しく!2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

 

まとめ

バッテリーやヒューズなど電源を車体から切り離したときに、燃料計や時計の表示がリセットされますが、そう距離などトリップメーターは保持されます。

バッテリー交換時など、ついうっかり忘れがちですがメーターまでセットしておけば完璧です。メーター表示には、その他トラブルコードと呼ばれる車両のコンピューターが記録しているトラブル履歴も確認できる機能があります。頻繁に使う機能ではありませんが、知っておくと便利です。

ハーレーのトラブルコードを確認する方法

 


あわせて読みたい


ハーレーの正しい洗車方法と洗車の注意点を徹底解説

バイクヘルメットの洗い方、ヘルメットピカピカ教室

ハーレーのタイヤパンク対処術

ハーレーエンジンオイル量をチェックする方法

バッテリー上がり!?と思った時の対処術

ハーレーのタイヤ空気圧を正しく調整する方法

ハーレーのドライブベルトの点検と調節方法

今すぐできる!ハーレーフロントフォーク3つの点検リスト

 

己の魂に耳を傾ければ、概ね間違いはねぇさ。他人の道を行く必要はねぇ、自分の道を選んでいんだぜ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA