ハーレー バッテリーの取り付け方 ソフテイル デラックス 2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

バッテリーの取り付け手順は、取り外した手順の逆になります。バッテリーの取り付けにもいくつかの注意点があります。誤った取り付け方をしてしまうと、思わぬ破損も生じてしまうポイントがあります。どのようなことに気をつければよいのでしょうか?解説動画もあわせてご覧ください!


1. バッテリーの取り付けに必要な工具

・サイズ10㎜のスパナ

バッテリー端子用に、10mmサイズの工具を用意してください。ソケットまたはコンビネーションのスパナでも作業を行えます。

・マイナスドライバー

Deluxeの場合シートボルトの取り付けにマイナスドライバーを使用します。シートボルトの溝に合うもの選んでください。

 

2. バッテリーの取り付け方

新品のバッテリーを取り付ける場合には、購入時に赤色の保護カバーが付いています。安全面を考慮して保護カバーは付けた状態で取り付けましょう。バッテリーは重たいので十分気を付けてください。

ステップ1:ケーブル類をよけスペースを確保する

ケーブル類をよけます。邪魔なものがない状態を確認してバッテリーを入れてください。なお、バッテリーは必ず規格の同じものを使ってください。

極性の違うものには特に注意が必要です。間違えた場合はイグニションをオンにしたときコンピューター、灯火類、電装系が一瞬にして故障します。

 

ステップ2:プラス端子から取り付ける

取り外した時の逆手順だと思ってください。まずプラス端子から取り付けます。締め付けすぎず締めなさすぎずというのがポイントです。既定のトルク値もありますので締めすぎにも十分注意してください。鉛でできていますので締めすぎると破損します。

 

ステップ3:マイナス端子を取り付ける

次はマイナス端子のボルトを取り付けます。最初から工具を使うのではなく必ず手でネジ山がしっかり入っている事を確認して取り付けると破損防止になります。

 

ステップ4:ヒューズを取り付ける

ヒューズを取り付けます。溝が違った位置に入っていないか確認して装着してください。ヒューズカバーのキャップを取り付け所定の位置に設置します。

最後にシートを取り付けたら、バッテリー取り付けの作業は完了です。

 

3. ハーレー バッテリーの取り付け方を動画で詳しく!:ソフテイル デラックス 2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

 

まとめ

バッテリーは規格の同じものを取り付けるようにしましょう。純正バッテリーとは極性が逆のものも存在しています。極性を誤ったまま電源を入れてしまうことで一連の電装系が破損しています。正しい手順に沿って適切なバッテリーを取り付けるようにしましょう。


あわせて読みたい


 

ハーレー バッテリーの取り外し方:ソフテイル デラックス FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

ハーレーのオイルレベル点検方法:Harley-Davidson Breakout 2017

ハーレーのジャッキアップ&ダウンの手順:ブレイクアウト Harley-Davidson Breakout Jack up&down

ハーレー エアクリーナーの取り付け方と注意点[IRON883]

ハーレー エアクリーナー 清掃方法から点検時期の目安 [ IRON883 ]

ハーレー エアクリーナーの取り外し方と注意点[IRON883]

ハーレーのエアクリーナーカバーの取り外し方[IRON883]

ハーレーヘッドライトバルブの交換!バルブ取り付け時の注意点とは? [IRON883]

 

発明の一つひとつを組み合わせていくとバイクになった。素敵なことじゃねぇか。出会いはこうした奇跡を生み出す。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA