コネクター取り付けで簡単チャージ!ハーレーバッテリー充電方法

長期間乗らないときは、バッテリー充電器で充電をすればバッテリーあがりを防ぐことができます。ハーレー純正であれば『バッテリテンダー』を用います。

高年式のハーレーにはバッテリーを取り外さすに充電できる便利なコネクターがついています。が、もしこのコネクターがついていない車両の場合にはどうすればよいのでしょうか?

 

1. ハーレー充電器のコネクターを付けたい!どうすればいい??

年式、車種によってはこのケーブルがあらかじめ付いていないものもあります。そういった場合は純正のバッテリー充電器キットの中に、コネクターの付属品が含まれています。

(画像元:Harley-Davidson USA )

赤と黒の端子がついているケーブルで、それぞれバッテリーの端子にかませるだけです。

先端にはコネクターがついているので、バッテリーテンダーのコネクターを接続するだけで簡単に充電を行うことができます。

 

2. ハーレー充電器コネクターの設置位置について

シートの取り付けの妨げにならない場所にそのまま入れておいてかまいません。好みよっては、シート下から外側までコネクターをもってくることにより、シートすらはずさずに充電できるように設置することもできます。

コネクターの先端部はには、ゴム製のキャップで接続部が保護されているため少々の砂利や雨は想定の範囲内と言えるでしょう。

 

3. ハーレー充電器コネクターについて動画で詳しく!

 

まとめ

コネクターを収める位置として、シート下に残しておくのも一つですが、外に出すという取り付け方もありです。シートの脱着は難しいものではなく、むしろ簡単におこなえるのですがその作業もスキップして充電できるようにするには外に出しておくと大変便利です。駐車スペースに電源がある場合には特におすすめです。

冬季など長期間乗らない間は定期的な充電を心がけてみてください。バッテリー上がりを予防できれば、乗りたいときに乗れないショックを受けることも回避できます。


あわせて読みたい


ハーレー時計の合わせ方を動画で詳しく!

ハーレーのバッテリーを安全に取り付ける方法:スポーツスターFORTY EIGHT編

ハーレーのバッテリー取り扱い注意点!

ハーレーのバッテリーを安全に取り外す方法:スポーツスターFORTY EIGHT編

バッテリー上がり!?と思った時の対処術

バイク乗り必見!バッテリーの危険な話

ハーレー のバッテリー充電器と言えば?『バッテリーテンダー』

 

バイクに乗らなければけっして出会えなかった、景色や仲間ってあるんだぜ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA