ハーレー バッテリーを自宅で充電したい!ワニクリップ編

駐車場やガレージに電源がない場合でも、バッテリーを自宅へ持ち運び充電することができます。ハーレー純正の充電器『バッテリーテンダー』を使用すれば、コネクターに差し込むだけです。コネクターがない場合でも”ワニクリップ”を端子をつなぐことで充電が可能です。今回はワニクリップを利用した充電方法について解説します。動画もあわせてご覧ください!


1. ワニクリップが付いてくる!ハーレーバッテリー充電キット『バッテリーテンダー』

バッテリーテンダーの充電キットには、車両取り付け用のコネクターの他に、”ワニクリップ”も付随しています。ケースバイケースでこちらのワニクリップを用いて充電を行うこともできます。

バッテリーテンダーで愛車を充電する

2. ワニクリップを利用したバッテリー充電の仕方:端子接続の順番について

充電器本体から伸びるケーブルの先端はコネクターの形状になっています。ワニクリップのコネクターと接続し、あとは端子につなげるだけです。

端子接続の順番は次の通りです。『プラス(赤)』から、そして『マイナス(黒)』。この順番で接続を行います。

外すときは、取り付けの逆手順です。マイナス側からとってプラス側を外してください。

 

3. バッテリー取り扱いの注意点について

例えば、たまたまスパナがバッテリーのプラス極とマイナス極に同時に触れてしまったらどうなるのでしょうか?一本のスパナで簡単に感電、火傷、火災などの事故を引き起こしてしまいます。バッテリーの取り扱いには十分にご注意ください。

バイク乗り必見!バッテリーの危険な話

 

4. ワニクリップでバッテリーを充電する方法について動画で詳しく!

 

バッテリーテンダーで愛車を充電する

まとめ

バッテリーテンダーは多くのハーレー乗りに愛用されている定番アイテムです。キットとして、コネクターやワニクリップがついているのであらゆるケースに対応することができます。

「そういえば長く乗っていないな」あるいは「これから当分乗らないしな」というときにはとても重宝するでしょう。バッテリー上がりの心配から解放され『乗りたいときに乗れる』を可能してくれます。


あわせて読みたい


コネクター取り付けで簡単チャージ!ハーレーバッテリー充電方法

ハーレー バッテリー充電器の接続方法について:コネクターがある場合

ハーレー のバッテリー充電器と言えば?『バッテリーテンダー』

バッテリー交換後にリセットされるメーター項目とは?:2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

ハーレーのバッテリー交換手順を最初から最後まで詳しく!2017 FLSTN Softail Deluxe ソフテイル デラックス Harley-Davidson

ハーレー バッテリーの取り付け方 ソフテイル デラックス 2017 FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

ハーレー バッテリーの取り外し方:ソフテイル デラックス FLSTN Softail Deluxe Harley-Davidson

 

バイクは人間性を養う手段でもある。自然や危険と向き合うために、知恵や道具を用いて仲間と過ごす。移動をしながら新天地を求めていく様も、古代の人間となんら変わりはねぇのさ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA