ハーレー エアクリーナーの取り付け方と注意点[IRON883]

エアクリーナーを取り外したら、今度は取り付けなければなりません。今回はハーレー純正のエアクリーナーの取り付け方について説明します。どんなことに注意をして取り付ければよいのでしょうか?解説動画もあわせてご覧ください!

1. エアクリーナー取り付けに必要な道具

  • T27トルクスドライバー
  • 3/16ヘックスレンチ

 

 

(画像元:Snao-on

  • 価格:26.50ドル
  • 品番: SGDTX427BO

 

スナップオン 3/16 ヘックスソケット

(画像元:Snap-on

価格:21.10 USD
品番: TMA6E

 

2. ハーレーエアクリーナーの取り付け方

取り外した順番に装着していきます。エアクリーナーには、ガスケット、カラー、ネジの3種類のパーツがあります。それぞれを正しく付けていきます。

もしもガスケットに破れやちぎれなどの破損がある場合には交換を行います。

 

ステップ1:カラーを入れる

 

ステップ2:ガスケットを装着

 

ステップ3:ネジを入れておく

もともと分解した位置を間違えないように正しくセットしていきます。

 

ステップ4:エアクリーナーを取り付ける

トルクスを用いて3本のネジを締め付けていきます。この時できるだけ均等に締めていきます。一本を完全に締め付けずローテーションでじわじわと3本のネジが同じようなペースで締め付けられていくようにします。これにより、パーツ本体やネジへのダメージや負担のリスクを減らします。

 

ステップ5:エアクリーナーカバーを取り付ける

ヘックスでカバーに付随するネジを締め付けてれば、エアクリーナー取り付け作業は完了です。

3. ハーレー エアクリーナーの取り付け方と注意点[IRON883]について動画で詳しく!

 

まとめ

簡単なメンテナンス作業とは言え、外からは見えないトラブルが潜んでいることもあります。今回はガスケットの破れを発見することができます。メンテナンスを心がけることには、こうした些細な不具合を発見し快適に、そして安全にライディングを楽しむためでもあります。こうしたバイクとの付き合いもやってみれば面白く、できる範囲が広がることに喜びを感じることもできるしょう。ぜひチャレンジしてみてください。


あわせて読みたい


ハーレー エアクリーナー 清掃方法から点検時期の目安 [ IRON883 ]

ハーレー エアクリーナーの取り外し方と注意点[IRON883]

ハーレーのエアクリーナーカバーの取り外し方[IRON883]

ハーレーヘッドライトバルブの交換!バルブ取り付け時の注意点とは? [IRON883]

ハーレーヘッドライトバルブの交換!バルブの取り外し方[IRON883]

ハーレーヘッドライトバルブの交換!レンズの取り外し方 [IRON883]

ハーレーエンジン塗装のメンテナンス術『リンクル塗装編』

ハーレーのオイル交換時期っていつ?

 

メンテナンスの基礎は、何と言っても洗車だな。汚れを綺麗にして、不具合を直していく。けっこう楽しいんだぜ。

– ハーレー仙人 –

もし気にいってくれたら下のボタンを押してくれ。ページのカスタムに勤しむ俺の仲間たちが喜ぶからな。最後まで読んでくれてありがとよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

パーフェクトハーレーのオンラインショップ

あなたのハーレーライフをもっと身近に。ハーレー乗りのために、ハーレー仙人とパーフェクトハーレースタッフがお役立ちアイテムをお届けします!

「今の時代、いらねぇモノまで溢れかえっている。モノ選びってのは、『一生使ってもいい』と感じるものだけを手にすることさ。どうか無駄のない、洗練された本物のライダーになってほしいぜ。 - ハーレー仙人 – 」

パーフェクトハーレーショップを見る

コメントを残す

*

CAPTCHA